弥生の感想 実際使ってみて?…シェア 確定申告は有料プランの弥生を使ってみた

弥生の感想 実際使ってみて?...シェア 確定申告は有料プランの弥生を使ってみた会計ソフト
この記事は約5分で読めます。

弥生の感想 実際使ってみて?…シェア
確定申告は有料プランの弥生を使ってみた

個人事業主や中小企業では、確定申告の際に勘定奉行などの大袈裟なソフトは必要ありません。

freeeマネーフォワード弥生といったクラウドソフトを検討すべきです。

実際に弥生を使ってみた感想、レビューを書いてみます。

弥生の感想 実際使ってみて?…シェア
確定申告は有料プランの弥生を使ってみた

弥生の感想 実際使ってみて?…シェア
確定申告は有料プランの弥生を使ってみた

弥生は簡単だったか?
詳しいことはわからないが、結局複式簿記の世界に足を踏み入れたイメージ

弥生の感想 実際使ってみて?…シェア 確定申告は有料プランの弥生を使ってみた

弥生の感想 実際使ってみて?…シェア確定申告は有料プランの弥生を使ってみた

やよいをレビュー 値上げ?freee、マネーフォワードと比較...シェア 確定申告は有料プランのやよいを使ってみた

ログインしました。

やよいをレビュー 値上げ?freee、マネーフォワードと比較...シェア 確定申告は有料プランのやよいを使ってみた

確定申告をクリックしました。

やよいをレビュー 値上げ?freee、マネーフォワードと比較...シェア 確定申告は有料プランのやよいを使ってみた

科目の詳細を見るを開いてみました。

やよいをレビュー 値上げ?freee、マネーフォワードと比較...シェア 確定申告は有料プランのやよいを使ってみた

放置していたので確認が必要でした。

残高試算表画面を見ました。

やよいをレビュー 値上げ?freee、マネーフォワードと比較...シェア 確定申告は有料プランのやよいを使ってみた

 

よくわかりません。

やよいをレビュー 値上げ?freee、マネーフォワードと比較...シェア 確定申告は有料プランのやよいを使ってみた

なんとなく思い出してきましたが、スマート取引取込だった気がします。

やよいをレビュー 値上げ?freee、マネーフォワードと比較...シェア 確定申告は有料プランのやよいを使ってみた

取引の登録するしない未定とあるので、これでいいようです。

このあとは、画像および詳細は省略します。

感想としては結構大変でした。

freeeマネーフォワード弥生とやってきて、なんとなく借方、貸方などの雰囲気を理解していたのは助かりました。

結局サポートに頼り、また厳密に追い詰めず、終わらせたという感じです。

やよいをレビュー 値上げ?freee、マネーフォワードと比較...シェア 確定申告は有料プランのやよいを使ってみた

申告方法を選択し、

減価償却費の計算ですが、私は特にありません。

「仕訳帳・総勘定元帳は青色申告決算書作成後にダウンロードして紙で印刷し、7年間保存してください。」とありましが、これはfreeeマネーフォワードでは言及されていなかったと思います。きちんとしておかなければなりません。

青色申告書の作成は省略しますが、Q&A形式になっていて簡単でした。

やよいをレビュー 値上げ?freee、マネーフォワードと比較...シェア 確定申告は有料プランのやよいを使ってみた

確定申告書の作成をしました。

こちらもQ&A形式になっていて簡単でした。

その結果、

やよいをレビュー 値上げ?freee、マネーフォワードと比較...シェア 確定申告は有料プランのやよいを使ってみた

確定申告書Bが出来上がり、ダウンロードしてみました。

結果はfreeeマネーフォワードと同じになりました。

電子申告(e-Tax)ですが、すでにfreeeで申告済みですので、ここはやりませんでした。

弥生は簡単だったか? 詳しいことはわからないが、結局複式簿記の世界に足を踏み入れたイメージ

詳しいことはわからないが、結局複式簿記の世界に足を踏み入れたイメージ

確定申告書Bの作成ができたイコール確定申告ができたと言っていいと思います。

あとのe-Taxの部分は、e-Tax側のシステムにほぼ依存するでしょうか、freeeマネーフォワードとの大きな違いはないはずです。

ひとつは、初年度だったので、とにかく銀行口座とクレジットカードの事業利用、プライベート利用の混在問題が、確定申告のときまで影響してしまったというところです。

また、月に1回など、定期的に仕分けを行って、記憶しておけば問題なかったものの、セッティングしてから放置していて、あわてて仕分けをしたので、誤りが多々あったというところです。

これらの問題は2年目以降は少なくなるはずですし、少なくなるべく定期的に仕分けを行うべきだと思います。

そういう問題を抱えていたことによって、それを解決しようとする過程で、自然と複式簿記的な考え方のさわりの部分に触れたことがいいことなのか、悪いことなのか?

それはサポートを利用しても同じでした。

混雑時期であったこともあり、チャットサポートは使えず、結局電話サポートを受けました。

電話には待たされたものの、忙しい最中とても丁寧なサポートを受けました。

freeeの場合はチャットサポートで複式簿記を感じずに完了させることができました。

マネーフォワードはサポートを利用しないで完了させることができました。

その点で弥生にサポートを利用しても複式簿記を感じさせられたのは、一方で簡単ではない、他方複式簿記の勉強にはなったというところです。

 

各社、freeeマネーフォワード弥生と値上げになっています。

今回気づいたのは、「カンタン、カンタン」と宣伝し、結局ユーザーは簡単だと思っていたら簡単ではなかった。

となると、サポートに頼らざるを得ず、freeeマネーフォワード弥生などの各社はサポートに負荷、経費がかかるようになったのだと思います。

そして値上げしたというのが私の想像です。

ただe-Taxの「カンタン」よりは間違いなく簡単で、有用です。

e-Taxはとにかく設定が大変で、その割にできることと言えば申告だけです。明細を自動取得したり、明細を打ち込んだり、計算してくれたり、申告書を作成してくれたり、また日々の収支管理ができたりということはありません。また青色申告が簡単にできるということもありません。

e-Tax確定申告をする年の1月1日になってから、申告書の各項目を自分で計算して合計金額を入力します。言い方は悪いかもしれませんが、税務署に行くか、家から申告するかだけの違いと言っても過言ではないでしょう。

本当は一番簡単なのは税理士にお任せすることです。

ただ税理士は高い。しかし複式簿記を学ぶつもりもない(意味もない)、より安く、簡単に青色申告をするにはfreeeマネーフォワード弥生でしょう。

そこにはサポートは必須であり、多少の負担は致し方なしというところです。

まとめ

弥生の感想 実際使ってみて?ということでした。確定申告は有料プランの弥生を使ってみました。

弥生は簡単だったか?というと、詳しいことはわからないが、結局複式簿記の世界に足を踏み入れたイメージでした。