マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か? 結論から言うといいと思った方を使うべき

マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か? 結論から言うといいと思った方を使うべき確定申告
この記事は約16分で読めます。

マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か?と考えると、単純ですが、結論から言ってといいと思った方を使うべきということが答えです。

社労士の私がなぜ確定申告ソフト、会計ソフトの比較するのか?

それは、年末調整と確定申告は基本的に同じだからです。

社労士として大手家電メーカーの総務部で給与担当経験があり、給与のサイトを立ち上げました。

そこで出会ったのが、人事労務freeeマネーフォワード給与

freeeにしてもマネーフォワードにしても、年末調整と確定申告が基本的に同じということから、おなじように確定申告freee、マネーフォワード確定申告というソフトを作っていたのです。

また年末調整が終わってみると、私のサイトには確定申告の情報を求めるユーザーが訪れてくれました。

マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か?
結論から言うといいと思った方を使うべき

マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か?
結論から言うといいと思った方を使うべき

青色申告特別控除を受けたいならクラウド会計ソフト?
複式簿記は難しい e-taxは設定に難 確定申告作成コーナーの不便なこと

難しい複式簿記、e-taxをクリアして青色申告特別控除を受けられないものか?
個人でやるのはムリ

クラウド確定申告ならできる?
初めてでも青色申告ができた!

具体的にどのクラウド確定申告ソフト?
freeeやマネーフォワード

UI(ユーザーインターフェース、画面)、サポート以外の判断基準は?
レビュー、料金、シェア率など

ホントか?
無料お試しを勧める理由とぼったくれない理由

<おまけ>スマホ版のfreeeとマネーフォワードや開業freee、マネーフォワード開業届はどんな感じ
使ってみたのでレビューした

  1. マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か? 結論から言うといいと思った方を使うべき
    1. UI(ユーザーインターフェース、画面)
    2. サポート
      1. 初心者必見!サポートについて
        1. 意外と重要サポートの良し悪し
          1. 「カンタン」と言うが、意外と難しい
        2. 中小企業なら担当者のITスキル次第
        3. 担当者が変わったら使い方がわからん
  2. 青色申告特別控除を受けたいならクラウド会計ソフト? 複式簿記は難しい e-taxは設定に難 確定申告作成コーナーの不便なこと
  3. 難しい複式簿記、e-taxをクリアして青色申告特別控除を受けられないものか? 個人でやるのはムリ
  4. クラウド確定申告ならできる? 初めてでも青色申告ができた
  5. 具体的にどのクラウド確定申告ソフト? freeeやマネーフォワード
  6. UI(ユーザーインターフェース、画面)、サポート以外の判断基準は? レビュー、料金、シェア率など
    1. マネーフォワードとfreee レビューは?
      1. わたしはこう感じた
        1. マネーフォワード
        2. freee
      2. freeeとマネーフォワードの詳細レビュー
      3. freeeとマネーフォワードの料金比較
      4. freeeとマネーフォワード シェアで見るのもひとつの考え方
        1. 個人事業主
        2. 中小企業
      5. 確定申告に向けてのプロセス、e-taxとの連携 私が感じたfreee、マネーフォワードの違い
        1. 勉強になります
  7. ホントか? 無料お試しを勧める理由とぼったくれない理由
    1. 画面が違うはバカにできない
    2. 正直サポートは結構違う(雰囲気も含めて)
      1. 昨今の無料からの自動サブスク
  8. <おまけ>スマホ版のfreeeとマネーフォワードや開業freee、マネーフォワード開業届はどんな感じ? 使ってみたのでレビューした
    1. 会社設立や開業のソフトは? 会社設立のソフトもある
  9. まとめ

マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か? 結論から言うといいと思った方を使うべき

マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か?結論から言うといいと思った方を使うべき

・判断基準は、

 ・UI(ユーザーインターフェース、画面)

 ・サポート

マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か?というと、それはいいと思った方を使うべきという単純な答えになります。

マネーフォワードもfreeeも銀行口座、クレジットカード明細の自動取り込みなどの基本的な機能は同じ。

そしてどちらも複式簿記で、e-taxを使って青色申告ができ、青色申告特別控除を受けられる

となると、判断基準はUI(ユーザーインターフェース、画面)とサポートです。

そしてこれらはどちらも個人個人それぞれの感覚でしかありません。

>>青色申告につきましてはこちらの記事をご覧ください。

>>青色申告特別控除につきましてはこちらの記事をご覧ください。

>>複式簿記につきましてはこちらの記事をご覧ください。

>>e-taxにつきましてはこちらの記事をご覧ください。

UI(ユーザーインターフェース、画面)

iPhoneとAndroid、Windows とMac、ChormeとEdgeなど、機能がほとんど同じだけどひとそれぞれ直観的に使いやすいか?使いやすくないか?というものがあります。

本当にカンタンな動画ですが、ご用意いたしましたので、ご覧ください。

すこしでも雰囲気を感じていいただければと思います。



動画はほんの一部ですので、申し込む前に”無料お試し”でUI(ユーザーインターフェース、画面)の雰囲気をよく確認してから申し込まれることおススメします。

freee

マネーフォワード

サポート

初心者必見!サポートについて

初心者にとって(初心者でなくても?)サポートは必須です。

そのサポートの良し悪し判断材料になると思います。

良し悪しというか、自分にあっているかいないかですが・・・。

簡潔に言うと、

 freeeは何を聞いても答えてくれる

 マネーフォワードはURLでサポートページに案内されるが、そのサポートページがよくできている

と言えるでしょう。

意外と重要サポートの良し悪し
「カンタン」と言うが、意外と難しい

私は、マネーフォワード、freeeに加え、やよい(弥生)も実際に使ってみました。

特に混乱したのが、導入時です。

銀行やクレジットカードの明細が自動で取り込めるのは便利なのですが、そもそもクラウド確定申告ソフトを使う前提で売上、経費、銀行口座、クレジットカードを管理していないのが普通でしょう。

となると、ほぼ誰もが導入時に銀行口座、クレジットカードの明細の振り分け作業が必要になってきます。

それをいかにカンタンにやるか?

これはソフト毎に違いますし、サポートは必須だと思います。

中小企業なら担当者のITスキル次第

中小企業であると、経理担当者がクラウド確定申告ソフトを使うことになると思います。

となると、その経理担当者のITスキルの有無が問われます。

経理は得意だけどITは苦手。

そのような場合にはサポートは必須となるでしょう。

担当者が変わったら使い方がわからん

中小企業であると担当者が代わるという事態も想定されます。

担当者が転職した。担当者が辞めた。担当者が異動になったなど・・・。

こういった場面でもサポートは重要になると思います。

また、サポートこそ、無料お試しで体感できるものです。

わからないことがなくても、実際に運用を始めてからサポートに不満を持つことがないように、何かしらの質問をサポートにしてみるべきです。

サポートの雰囲気を知りたい方は、申し込む前に”無料お試し”をしてみましょう。

freee

マネーフォワード

青色申告特別控除を受けたいならクラウド会計ソフト? 複式簿記は難しい e-taxは設定に難 確定申告作成コーナーの不便なこと

青色申告特別控除を受けたいならクラウド会計ソフト?複式簿記は難しい e-taxは設定に難 確定申告作成コーナーの不便なこと

・65万円の青色申告特別控除を受けたい

・複式簿記は難しい

・e-taxは設定が難しい

確定申告をするのであれば、誰しも65万円の青色申告特別控除を受けたいと思うはず。

ただ、そこには2つのハードルがあります。

それは、複式簿記e-tax

 複式簿記は難しい

 e-taxは設定が難しい

また無料を求めるなら国税庁の確定申告書作成コーナーがありますが、これもまた不便この上ない。

難しい複式簿記、e-taxをクリアして青色申告特別控除を受けられないものか? 個人でやるのはムリ

難しい複式簿記、e-taxをクリアして青色申告特別控除を受けられないものか?個人でやるのはムリ

・税務署の職員も「個人で青色申告はムリ」

・まずは白色申告からしてみようか?

私も税務署の記帳指導に行き、複式簿記に不安を持ちました。

税務署の職員も「個人で青色申告はムリ」と断言していました。

また税制改正で65万円の青色申告特別控除を受けるにはe-taxが必須と知り、自分にできるのか?と疑問を持ちました。

その時は、私は青色申告は個人ではムリだからまずは白色申告からしてみようか?と思っていました。

>>税務署の職員も「個人で青色申告はムリ」と断言につきましてはこちらの記事をご覧ください。

クラウド確定申告ならできる? 初めてでも青色申告ができた

クラウド確定申告ならできる?初めてでも青色申告ができた

初めてでも青色申告ができた

65万円の青色申告特別控除を受けることができた

スマホで確定申告も

冒頭のとおり私は社労士であって税理士ではありません。

しかし、人事労務freee、マネーフォワード給与の経験から、クラウド確定申告ソフトを知っていました。

私はクラウド確定申告ソフトを使って初めてでも青色申告ができたのです。

つまり65万円の青色申告特別控除を受けることができたのです。

また去年は同じくクラウド確定申告ソフトを使ってスマホで確定申告もしました。

そんな確定申告には素人の私が確定申告できた、クラウド確定申告について説明していきます。

具体的にどのクラウド確定申告ソフト? freeeやマネーフォワード

具体的にどのクラウド確定申告ソフト?freeeやマネーフォワード

・確定申告freee

・マネーフォワード確定申告

・できることは基本的に同じ

私は確定申告freeeを使っています。クラウド確定申告ソフトと言っても、ではどんなものがあるのか?ということになります。

確定申告freeeもマネーフォワードもできることは基本的に同じです。

UI(ユーザーインターフェース、画面)、サポート以外の判断基準は? レビュー、料金、シェア率など

UI(ユーザーインターフェース、画面)、サポート以外の判断基準は?レビュー、料金、シェア率など

・レビュー

・料金  

・シェア率

・確定申告に向けてのアプローチ、途中経過、e-taxとの連携

マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か?と考えると、その判断材料はシェアになると思います。

ただそれは判断材料のひとつであり、個人事業主だからマネーフォワードとfreeeに違いがあるかというとそれはないと思います。

つまり。

 個人事業主はマネーフォワードとfreee 使いやすい方を使うべし

と言えます。

基本的にマネーフォワードもfreeeもほぼ機能は同じと言っていいと思います。

マネーフォワードとfreee レビューは?

わたしはこう感じた

マネーフォワード

「ググれよ」的な雰囲気を感じました。

もし貴方が普段から同僚、友人に「ググれよ」と言っているタイプの人なのであれば、マネーフォワードは合っているのかもしれません。

サポートを使うと、AIチャットボットあかりさんも対人のサポートも、サポートページのURLをポンポン送ってきます。

freee

なんでも教えてくれると感じました。

もし貴方が普段から同僚、友人にググれよ」と言われているタイプの人なのであれば、freeeは合っているのかもしれません。

とにかくサポートが親切で、細かいことにも答えてくれます。

freeeとマネーフォワードの詳細レビュー

>>freeeのレビューにつきましてはこちらの記事をご覧ください。

>>マネーフォワードのレビューにつきましてはこちらの記事をご覧ください。

freeeとマネーフォワードの料金比較

freee、マネーフォワードの料金を比較すると、月額1,000円以下です。

初年度の金額で言うと、800円、980円とバラつきがありますが、長期的に見ると、だいたい月額1,000円以下になります。

月あたり年額月額
freee98011,7601,180
マネーフォワード8009,6001,180

※料金は変動している可能性があります、最新の料金につきましては以下公式ページにてご確認ください。

>>freeeの最新料金はこちら

>>マネーフォワードの最新料金はこちら

またfreee、マネーフォワード、それぞれに”無料お試し”があります。

>>クラウド確定申告ソフトの料金につきましてはこちらの記事をご覧ください。

freeeとマネーフォワード シェアで見るのもひとつの考え方

宣伝の仕方が違うなどいろいろな要素も絡みますが、シェアで判断するのもひとつの考え方です。

やよい(弥生)も含めて見てみましょう。

個人事業主

 ①やよい(弥生)

 ②freee

 ③マネーフォワード

中小企業

 ①freee

 ②マネーフォワード

 ③やよい(弥生)

です。

>>クラウド会計ソフトのシェア率につきましてはこちらの記事をご覧ください。

確定申告に向けてのプロセス、e-taxとの連携 私が感じたfreee、マネーフォワードの違い

・freeeはほぼ複式簿記を意識しない

・マネーフォワードはやや複式簿記を意識

結論から言うと、こういう感じです。

逆に考えると、freeeは「こんなカンタンで大丈夫なの?」とちょっと不安に思いましたし、マネーフォワードは「カンタンって言ったじゃん」と思いました(ちょっとだけ)。

勉強になります

総務畑を歩んできた私にとって、仕訳だの勘定科目だのというのは、隣の部署がやっていることで、興味もなければ、調べることもありませんでした。

マネーフォワード確定申告や確定申告freeeを使っていて、「この経費の勘定科目はなんだろう?」とか、「貸方と借方が合わない」などとエラーが出て、サポートの方とチャットしているうちに、なんとなく勘定科目や複式簿記がどういったものなのかがわかってきます(雰囲気だけですが)。

複式簿記を勉強したくなくて使い始めたクラウド確定申告ソフトがいつの間にか複式簿記をかじりはじめているという・・・。

ホントか? 無料お試しを勧める理由とぼったくれない理由

ホントか?無料お試しを勧める理由とぼったくれない理由

まず、なんにしても、どんなに安くてもいきなり使うのは抵抗があります。

だからまずは無料お試しをおススメします。

私の無料お試しで比べてほしい点は2つです。

それは、画面とサポート。

画面が違うはバカにできない

マネーフォワード確定申告と確定申告freeeは、ほぼできることは同じなのですが、明らかに違うのは画面です。

例えば、ブラウザだったらChromeがいいとかSafariがいいとか、スマホならAndroidがいいとか、iPhoneがいいとか、パソコンならWindowsがいいとかMacがいいとか、そういう単純なものです。

単純ですが、生理的に受け付けないのであれば、作業も苦痛です。

(この記事の冒頭に画面の雰囲気がわかる動画をご用意しています)

正直サポートは結構違う(雰囲気も含めて)

結構サポートが違います。

なんでもいいので、無料お試しをしてチャットで質問してみましょう。

これも画面同様、受け取り方次第ですし、個人差、合う合わないがあると思います。

私が感じたのは、

 freeeはなんでも、丁寧に細かく教えてくれる

 マネフォワードはURLを案内され、そのURLのサポートページがしっかりしていて、読めばわかる

というものです。

昨今の無料からの自動サブスク

最近は、大手の動画配信サイトのサブスクでも無料とうたって、クレジットカード情報を入力させ、無料期間が終わると、いつの間にかクレジットカードの明細に、料金が載ってきているということがあります。

私もうっかり半年くらい見ないのに払っていたということがあります。

ただ、このfreee、マネーフォワード、の無料お試しはそのようなシステムではありません

ただ、今後もずっとそうかというと、それは私もわかりませんので、

 申し込み時によく確認する

 カレンダーアプリなどで管理する

することをおススメします。

「申し込み時によく確認する」と言っても、その時点でカード情報を入力しなければならなければ、その時点でわかると思いますが。

また、不要なメールが来るということがあると思います。

これはほぼほぼそうなるとは思いますが、興味がなければ、迷惑メール扱いをすれば、それだけです。

使うなら早めに始めた方がいい

私は確定申告時期とは離れた時期に、freee、マネーフォワード、やよい(弥生)の導入を試みました。

元々予備知識がなかったのですが、初めて開業、そして確定申告の準備となったので、銀行口座とクレジットカード明細に仕事の明細とプライベートの明細が混在していました。

当然確定申告するのは仕事の売上や経費などの明細になり、銀行口座やクレジットカード明細を自動で取り込むのであれば、取り込んだ後に、事業主貸、事業主借といった仕訳が必要になります(とだんだんそういった用語なども覚えていきます)。

自動で取り込まないのであれば、明細をひとつひとつ手入力することになり、せっかくのクラウド会計ソフトの意味が薄れます。

これがクラウド会計ソフトのデメリットと言えばデメリットです。

もしあの導入作業が確定申告締切間近だったら?と考えるとゾッとします。

今が、もし余裕がある時期なのであるならば、お試しも含めて早いうちに検討することをおススメします。

私は導入時のパニックをサポートに助けてもらいながら乗り越えましたが、確定申告時期真っ只中にサポートにつながるのか?つながらないことはないと思いますが、つながりにくくはなると思います(実際確定申告時期の方が待ち時間は長かったです)。

理想は、事前に仕事用の銀行口座とクレジットカードを用意して、会計年度のスタート(1月)から、きちんと売上や経費などの明細を、仕事用の銀行口座やクレジットカードに分けておくことですが、それでもし売り上げがなかったら?クラウド会計ソフトの料金がムダになるという、これまたジレンマでもあります。

どのみち余裕のあるうちに早めに検討されることをおススメします

freee

マネーフォワード

 

>>やよい(弥生)も含めた比較もしています。

 

<おまけ>スマホ版のfreeeとマネーフォワードや開業freee、マネーフォワード開業届はどんな感じ? 使ってみたのでレビューした

<おまけ>スマホ版のfreeeとマネーフォワードや開業freee、マネーフォワード開業届はどんな感じ?使ってみたのでレビューした

・スマホ版のfreeeとマネーフォワードをレビューした。

・開業freee、マネーフォワード開業届をレビューした。

・マネーフォワード会社設立、会社設立freeeもある

毎年も「スマホでの確定申告、”マイナンバーカード方式”のe-tax送信が簡略化」などとキャッチーなフレーズを耳にします。

確かにスマホをicカードリーダー代わりに使える機種が増えたことは便利になりました。

>>スマホをicカードリーダー代わりに使う件につきましてはこちらの記事をご覧ください。

しかしいわゆる国税庁の言うところの「スマホでe-tax」は機能的にクラウド会計ソフトと雲泥の差があります。

例えば、

 確定申告をする年にならないと入力できない

 入力するのは合計金額

 日々の収支管理ができるわけではない

逆にクラウド会計ソフトができるのは、

 クレジットカード、銀行明細を自動で取り込むことができる

 計算、確定申告書類の作成は自動

 e-taxも使える

 青色申告できる

 青色申告特別控除を受けることができる

 使いようによっては家計簿としても使える

と、いうことで、

では、「スマホでe-tax」はクラウド会計ソフトでできないのか?

という問題です。

これについては、freee、マネーフォワードでできます(やよい(弥生)ではできません)。

私は今年はfreee、マネーフォワードでスマホで確定申告しました。

>>freee、マネーフォワードでスマホのレビューはこちらをご覧ください。

会社設立や開業のソフトは? 会社設立のソフトもある

クラウド会計ソフトのシェア率 大企業は?会社設立や開業のソフトは?会社設立のソフトもある

クラウド会計ソフトの紹介をしてきましたが、最近クラウド会計ソフトを作っている会社から会社設立開業のソフトも提供されています。

例えば会社設立ならマネーフォワード会社設立会社設立freeeです。

開業なら開業freeeです。

私はしがない個人事業主ですが、開業する時に開業freeeを使ってとても簡単でした。

言ってみればクラウド的な考え方で開業のための申請書を作ってくれるシステムなので、マネーフォワード会社設立、会社設立freeeも同様に簡単であることが容易に想像されます。

>>私が開業freeeで開業した件、やマネーフォワード開業届を試してみた件、につきましてはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

マネーフォワードとfreee どっちが個人事業主に最適か?ということでしたが、結論から言うといいと思った方を使うべきです。

青色申告特別控除を受けたいならクラウド会計ソフトです。複式簿記は難しい、e-taxは設定に難、確定申告作成コーナーは不便です。

難しい複式簿記、e-taxをクリアして青色申告特別控除を受けられないものか?については、個人でやるのはムリです。

クラウド確定申告ならできるか?というと、私は初めてでも青色申告ができました。

具体的にどのクラウド確定申告ソフトがいいのか?freeeやマネーフォワードについて考えてみました。

UI(ユーザーインターフェース、画面)、サポート以外の判断基準は何かと言うと、レビュー、料金、シェア率などになります。

ホントか?と思うかもしれません。無料お試しを勧める理由とぼったくれない理由を書いてみました。

<おまけ>として、スマホ版のfreeeとマネーフォワードや開業freee、マネーフォワード開業届はどんな感じ? 使ってみたのでレビューを載せました。