確定申告とは?確定申告ってなに? 所得を計算し、税務署へ申告、所得税額を確定すること

確定申告とは 確定申告
この記事は約20分で読めます。

確定申告とはなんぞや

私もサラリーマン時代には確定申告とは無縁の世界にいました。ただやがて医療費控除還付申告をすることによって確定申告に触れ、今ではこのように確定申告のブログなどをやっていて、また自分でも個人事業主として確定申告の必要性でてきています。

サラリーマン時代は確定申告の代わりに年末調整があったのですが、はじめのうちは収入とか所得とか、控除など、何が何だけさっぱりわからず、ただ会社の言われるままに書いて出していただけです。

やがて給与担当になるなど徐々に仕組みを知っていきました。

そんな確定申告。確定申告とはなんなのかを書いてみます。

確定申告とは?確定申告ってなに?
所得を計算し、税務署へ申告、所得税額を確定すること

確定申告とは?確定申告ってなに?
所得を計算し、税務署へ申告、所得税額を確定すること

確定申告とは?サラリーマンも確定申告(還付申告)?
サラリーマンも確定申告の必要があるときがある

確定申告とは?なぜ確定申告するの?
申告納税制度だから

確定申告とは?個人事業主だけ?
法人や個人、法人の消費税など

確定申告とは?確定申告のやり方
税務署に行って確定申告書類を提出する

確定申告とは?確定申告ってなに?
所得を計算し、税務署へ申告、所得税額を確定すること

確定申告とは?確定申告ってなに?所得を計算し、税務署へ申告、所得税額を確定すること

確定申告とは所得税を計算して申告し税金を納める手続きのことです。

具体的には、まず所得を計算し、所得税や復興特別所得税を計算。確定申告書や決算書などの必要書類を作成して、税務署におもむき申告し、納税するのです。

所得は1月1日から12月31日までの年単位で計算します。また申告、納税は翌年の2月16日から3月15日(2020年は特例にて別途)に行います(それぞれ土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります)。

所得は家族構成や収入の内訳などによって違ってきます。収入から家族構成や収入に合わせた控除をして計算をします。

確定申告とは?サラリーマンも確定申告(還付申告)?
サラリーマンも確定申告の必要があるときがある

確定申告とは?サラリーマンも確定申告(還付申告)?サラリーマンも確定申告の必要があるときがある

サラリーマンはこの確定申告を年末調整という形で会社が行っているイメージです。

ただサラリーマンも確定申告をしなければならないときもあり、また年末調整では控除できない医療費控除住宅ローン控除などを計算し直し、確定申告(還付申告)することによって、納めすぎた税金が還付金として戻ってくる場合もあります。

具体的にサラリーマンが確定申告をしなければならない時

2,000万を超える給与

20万を超える副収入

副業で2ヶ所以上給与&2ヶ所とも20万を超える

還付申告(確定申告)ができるとき

年の途中で退職し、年末調整を受けずに源泉徴収税額が納め過ぎとなっているとき

一定の要件のマイホームの取得などをして、住宅ローンがあるとき

マイホームに特定の改修工事をしたとき

認定住宅の新築等をした場合(認定住宅新築等特別税額控除)

災害や盗難などで資産に損害を受けたとき

特定支出控除の適用を受けるとき

多額の医療費を支出したとき

特定の寄附をしたとき

上場株式等に係る譲渡損失の金額を申告分離課税を選択した上場株式等に係る配当所得等の金額から控除したとき

確定申告とは?なぜ確定申告するの?
申告納税制度だから

確定申告とは?なぜ確定申告するの?申告納税制度だから

納税、つまり税金を納めることは教育の義務、勤労の義務に並ぶ国民の三大義務のひとつです。その納税はどのようにするかといえば、日本ではアメリカやイギリスなど同じように申告納税制度を採用しています。

申告納税制度、つまり国民である納税者は自分で税金を計算して税金を納めることになっています。

確定申告とは?個人事業主だけ?
法人や個人、法人の消費税など

確定申告とは?個人事業主だけ?法人や個人、法人の消費税など

個人だけでなく、法人も事業年度の所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき法人税額を確定させます。

また個人も、個人事業主だけでなく、農業従事者不動産賃貸業を営む個人、不動産の譲渡による利益がある者や、一定の受取保険金がある者などは確定申告の必要があります。

確定申告とは?確定申告のやり方
税務署に行って確定申告書類を提出する

確定申告とは?確定申告のやり方は?税務署に行って確定申告書類を提出する

確定申告書を作成して税務署に提出する

確定申告書を作成する

税務署に提出する

確定申告書を作成する

基本的に所得税住民税確定申告することにより決定されます。

サラリーマンの場合は年末調整という形で、会社がサラリーマンに代わって確定申告をしてくれています。

個人事業主は、サラリーマンと違って原則通り自分で確定申告をすることになります。

またサラリーマンでも確定申告が必要な場合、年金受給者でも確定申告が必要な場合があります。

そんな形で、誰にでも必要な可能性のある確定申告確定申告に必要な書類について書いてみたいと思います。

確定申告に必要な書類

個人事業主
サラリーマン
年金受給者

個人事業主

 個人事業主
 青色申告白色申告
確定申告書B
青色申告決算書 
収支内訳書 
各種控除書類
源泉徴収票

確定申告書B

個人事業主やサラリーマンが確定申告還付申告をするのは、確定申告書の提出が必要になります。

確定申告書には、確定申告書Aと確定申告書Bがあり、個人事業主の場合には確定申告書Bを使用します。

確定申告書Aと確定申告書Bの違いは、確定申告書Aは利用用途が限定的で、確定申告書Bはより幅広い申告に対応しています。

青色申告決算書

個人事業主が確定申告する場合、申告方法には青色申告白色申告があります。

青色申告は複式簿記など難しい知識が必要であり(ソフトなどを利用すると簡単)、その分白色申告とは比べ物にならない控除を受けられるというメリットがあります。

青色申告と白色申告についてはこちらの記事をご覧ください。

https://kakuteishinkoku-season.com/post-1760/
青色申告をするには青色申告決算書が必要です。

青色申告決算書は、日々の帳簿付けの結果を決算書の形式で記入する書類となっています。

収支内訳書

青色申告に青色申告決算書が必要なように、白色申告には収支内訳書が必要になります。

売上、仕入、経費、利益について記載します。

各種控除書類

確定申告所得税などの税金を決めるための申告ですが、税金の金額を決めるには所得を割り出します。

そのその所得からは各種の控除額を差し引くことができ、所得から控除額を引くことができれば、課税所得は安くなる。つまり税金は安くなります。

この控除には各種あり、該当するものがあれば控除を受けられますが、控除を受けるには控除に関する書類が必要になります。

控除には以下のようなものがあります。

社会保険料控除
生命保険料控除
小規模企業共済等掛金控除
医療費控除
地震保険料控除
雑損控除
寄附金控除

源泉徴収票

専業の個人事業主であれば、源泉徴収票はありませんが、サラリーマンのように会社に勤めていれば会社が源泉徴収票を発行します。

サラリーマンが副業などを理由に確定申告する場合には源泉徴収票を提出します。

サラリーマン

 サラーリマン
2,000万超住宅ローン控除ふるさと納税医療費控除災害、盗難被害仕事の支出2箇所以上給与年末調整漏れ年の途中退職
  雑損控除災害減免法 
確定申告書A
収支内訳書
住宅借入金等特別控除額の計算明細書         
借入金残高証明書         
住民票         
建物・土地の登記事項証明書         
建物・土地の不動産売買契約書(請負契約書)のコピー         
寄附金受領証明書         
医療費控除の明細書         
領収証などの証明書類         
損害金額明細         
会社からの証明書         
経費の金額を証明できる書類         
報酬支払調書        
源泉徴収票       
生命保険・地震保険料控除証明書         
国民健康保険控除証明書         
国民年金保険料控除証明書         

確定申告書A

確定申告書には、確定申告書Aと確定申告書Bがあり、サラリーマンの場合には確定申告書Aを使用します。
個人事業主やサラリーマンが確定申告還付申告をするのは、確定申告書の提出が必要になります。

確定申告書Aと確定申告書Bの違いは、確定申告書Aは利用用途が限定的で、確定申告書Bはより幅広い申告に対応しています。

収支内訳書

売上、仕入、経費、利益について記載します。

収支内訳書は個人事業主の白色申告にも使用されます。

住宅借入金等特別控除額の計算明細書

住宅ローン控除は初年度だけ確定申告が必要です。

住宅ローン控除確定申告をするには、住宅借入金等特別控除額の計算明細書が必要になります。

住宅ローン控除についてはこちらの記事をご覧ください。

住宅ローン控除申告書(住宅借入金等特別控除申告書)とは?
住宅ローン控除申告書(住宅借入金等特別控除申告書)とは?住宅ローンを組んだ人はほぼ確実に興味があるはずである住宅ローン控除ですが、1年目は確定申告をしたり、2年目からは年末調整ですんだりといろいろ複雑なようです。2年目から年末調整で住宅ロー

借入金残高証明書

住宅ローン控除は初年度だけ確定申告が必要です。

住宅ローン控除確定申告をするには、借入金残高証明書が必要になります。

住宅ローンを組むと、初年度の翌年1月下旬ごろに住宅ローンを組んだ金融機関等から借入金残高証明書が発送されます。

住民票

住宅ローン控除は初年度だけ確定申告が必要です。住宅ローン控除確定申告をするには、住民票が必要になります。

言わずもがなですが、住所を管轄する市区町村役場で発行されます。

建物・土地の登記事項証明書

住宅ローン控除は初年度だけ確定申告が必要です。住宅ローン控除確定申告をするには、建物・土地の登記事項証明書が必要になります。

建物・土地の登記事項証明書は管轄の法務局で入手しますが、 管轄法務局が登記情報交換サービス対象なら、ほかの法務局でも,請求することができます。またオンラインでも請求できるようです。

ちなみに法務局はこちらで確認することができます。都道府県を選ぶと各都道府県の地図が表示されるので市区町村をクリックします。

管轄のご案内:法務局
 

建物・土地の不動産売買契約書(請負契約書)のコピー

住宅ローン控除は初年度だけ確定申告が必要です。住宅ローン控除確定申告をするには、建物・土地の不動産売買契約書(請負契約書)のコピーが必要になります。

家を買う時には不動産屋で契約しますが、契約をすると不動産売買契約書(請負契約書)が作成されます。

寄附金受領証明書

ふるさと納税は寄附です。

ふるさと納税は魅力的な返礼品がもらえますが、確定申告をしないとその恩恵を受けることはできません。

ふるさと納税についてはこちらの記事をご覧ください。

ふ、ふpayroll-research2.com/post-2118、ふるさと納税って・・・?
いまさらながらふるさと納税についてです。なぜいまさらふるさと納税なのかというと、最近私は住民税決定通知書について集中的に記事を作成しています。実はこの住民税決定通知書がふるさと納税と切っても切れない仲であることがわかったのです。ふるさと納税

年金受給者

公的年金等の収入金額(2ヵ所以上ある場合は合計額)が400万円を超える場合は確定申告が必要です。

※400万円以下の場合は、確定申告不要

公的年金等の源泉徴収票
生命保険、地震保険料控除証明書
社会保険料控除証明書
国民年金保険料控除証明書
小規模企業共済等掛金控除証明書
住宅ローン控除(2年目以降)
医療費控除
寡婦(夫)控除
配偶者控除
扶養控除
障害者控除

公的年金等の源泉徴収票

日本年金機構から毎年1月中旬〜下旬に送られてきます。

各種控除書類

確定申告所得税などの税金を決めるための申告ですが、税金の金額を決めるには所得を割り出します。

そのその所得からは各種の控除額を差し引くことができ、所得から控除額を引くことができれば、課税所得は安くなる。つまり税金は安くなります。

この控除には各種あり、該当するものがあれば控除を受けられますが、控除を受けるには控除に関する書類が必要になります。

控除には以下のようなものがあります。

社会保険料控除
生命保険料控除
小規模企業共済等掛金控除
医療費控除
地震保険料控除

税務署に提出する

確定申告 提出方法は3つ

確定申告というとどういうイメージをお持ちでしょうか。

以前の私のイメージでは、「ホントに脱税してない?家に現金がいっぱいあるんじゃない?」という感じの田舎の自営業のおじさんたちが税務署の周りを取り囲んでいる、という歪んだかつ偏見に満ちたものでした。

もちろん最近は若い優秀なスタートアップ企業の方々が流行りのクラウド会計ソフトを使って、ネットで申告しているイメージです。

今回は、実際のところ確定申告の提出方法、つまり確定申告書の提出方法について書いてみたいと思います。

確定申告 提出方法は3つ

確定申告 提出方法は3つ

 税務署に持って行く

 郵送する

 e-tax

確定申告 提出方法は3つ

確定申告は確定申告書を提出しますが、その提出方法には主に3つがあります。それは、税務署に持って行く郵送するe-taxを使うなどです。

税務署に持って行く

管轄の税務署に直接持って行きます。

管轄の税務署はこちらで調べることができます(国税庁のHP)。

税務署の所在地などを知りたい方|国税庁
 

税務署に持って行くメリット

確実性

その場で相談できる

達成感

その場で受付印を押した控えがもらえる

確実性

自分で管轄の税務署に直接持って行けば確実性という意味では間違いありません

例えばまずあり得ないことですが、郵送の場合では届かない、中身が無くなる可能性が皆無ではありません。

またe-taxなどでも、例えば自分で確定ボタンを押したつもりが押してなかったというようなこともあり得ないことではありません。

自分が直接税務署の税務職員に渡すのですから確実です。

その場で相談できる

特に初めてや慣れていないときには、提出するとともに簡単な相談をすることもできます

税務署によって違いますが、税務署内で相談窓口を設けていたり、税務署以外にも相談窓口があったり、また土日でも開いている相談窓口もあるようです。

達成感

ただでさえ面倒なイベントなので達成感など感じないという人もいるかもしれませんが、サラリーマンから個人事業主になって初めての確定申告なら、個人事業主になった実感を持つでしょう。また右も左もわからない状態から始めて、確定申告書を作成したのであれば達成感も感じると思います。

その場で受付印を押した控えがもらえる

税務署に確定申告書類を持参するときに、確定申告書類の控えを持って行けばその場で受付印を押した控えがもらえます。

ただし、この受付印を押した控えは「受け付けた」という意味でしかなく、確定申告の内容が正しいなどの証明ではありません。

税務署に持って行くデメリット

忙しい

混んでる

時間を気にしなければならない

不備があった場合二度手間

寒い

忙しい

もちろんサラリーマンでも確定申告が必要な場合もありますが、基本的に確定申告をするのは個人事業主などなので、例えばサラリーマンが官公庁に届け出に行く場合などのように、確定申告に行っている時間分の収入があるわけではありません。

基本的に忙しい年度末に直接時間をかけて行くのは大変です。

混んでる

確定申告の時期というのは決まっていますので、当然その時期に人が集中するわけです。

税務署の中は人でいっぱい。下手をすれば税務署の周りに行列ができていることも。

時間を気にしなければならない

当然税務署というのは24時間営業をしているわけではないので開庁時間というものがあります(特にお役所ですし)。

基本的に時間通りに行かなければ確定申告はできません。

税務署にある時間外収受箱に提出するという方法もありますが、となると直接行く意味がほとんどないということになります。

不備があった場合二度手間

確定申告書類に不備があった場合には、逆にこれはメリットともなりますが二度手間になります。

メリットになるという意味は、直接持っていけばその場で指摘されたり、また質問したりということができるわけです。

寒い

2月の中旬といえば、地域によりますが寒さのピークから季節の変わり目といったところ。3月の中旬といえば、やっと暖かくなり始める時期とは逆に雪が降れば大雪になる可能性も高い時期です。花粉症もぼちぼち始まることでもあります。

そんな中で混雑していて、待たされてとなっては大変です。

税務署に持って行くときの注意点

開庁時間

提出書類の確認

開庁時間

税務署へは余裕をもって行くべきでしょう。

税務署の開庁時間は、祝日を除く月曜日から金曜日の8:30~17:00までです。

※一部の税務署で、2月16日~3月15日(2020年は特例にて別途)の確定申告期間中は土日も開庁

提出書類の確認

収支内訳書もしくは青色申告決算書

確定申告書B

控除の証明書

マイナンバーに関する証明書のコピー

など(個人事業主の場合)

郵送する

確定申告書類に提出は郵送でもできます。

郵送のメリット

税務署に行かなくていい

返信用封筒を同封すれば受付印を押した申告書を返送してもらえる

税務署に行かなくていい

郵送の一番のメリットはもちろん税務署に行かなくていいこです。時間も体力も浪費しません。ですのですでに何度もされている方は便利でしょう(私は1年に1回程度では忘れますが)。

返信用封筒を同封すれば受付印を押した申告書を返送してもらえる

先述のとおり、税務署に持参するときに確定申告書類のコピーを持って行けば、その場で受付印を押した確定申告書類の控えがもらえます。

郵送の際にも、返信用封筒を同封すれば、受付印を押した確定申告書類の控えを返送してもらえます。

郵送のデメリット

税務署の税務職員にその場でチェックしてもらえない

受付印を押した申告書をその場でもらえない

税務署の税務職員にその場でチェックしてもらえない

初めて確定申告する人、慣れていない人は郵送することによって、税務署の税務職員にその場でチェックしてもらえないということは大きなデメリットになります。

のちのち指摘があって修正申告をするととても手間がかかります。

受付印を押した申告書をその場でもらえない

大きなデメリットではありませんが、受付印を押した申告書を必要としていて、仮にすぐに欲しい場合はこれもデメリットになります。

郵送の注意点

確定申告書類は第一種郵便物または信書で送付

宅配便はダメ(ゆうパック、ゆうメール、ゆうパケット、クリックポストも同様)

提出日は消印の日付

書類の不備に注意

添付書類は添付書類用の台紙に

確定申告書類は第一種郵便物または信書で送付

確定申告書類は第一種郵便物または信書で送付しなければなりません。第一種郵便物とは手紙などのことを言います。信書は納品書や領収書、見積書など言いますが、宅配便などで送ることはできません

宅配便はダメ(ゆうパック、ゆうメール、ゆうパケット、クリックポストも同様)

前述のとおり、確定申告書類は宅配便で送ることはできません。つまりヤマト運輸の宅急便や佐川急便の宅配便などでは送れないということです。また、ゆうパック、ゆうメール、ゆうパケット、クリックポストも同様に利用できません。

提出日は消印の日付

確定申告書類の提出は確定申告期間に行いますが、郵送の場合どのタイミングが提出日として扱われるかというのが問題になると思います。

郵送の場合は確定申告書類の提出日は、消印の日付となります。

特にギリギリで提出する場合、例えばその年の確定申告が3月15日(2020年は特例にて別途)までだった場合に3月15日(2020年は特例にて別途)に投函すればいいのではなく、3月15日(2020年は特例にて別途)の消印が押される必要があります。

書類の不備に注意

税務署に持参すると、税務署の税務職員が書類に不備がないか確認してくれます。郵送の場合は間違いがないか自分でチェックするしかありませんので注意が必要です。

添付書類は添付書類用の台紙に

確定申告書類には添付書類があります。添付書類は、添付書類用の台紙に別途貼り付けます。添付書類をそのまま送ったり、確定申告書の裏面には貼らないようにします。

e-tax

e-taxはインターネットを使って、電子データで確定申告をする方法です。

最近では限定的にスマホで確定申告ができたり、期間限定でマイナンバーカードやICカードリーダーライターが不要であったりと便利になりつつありますが、まだまだ不備もあるようです。

e-taxのメリット

自宅できる

24時間できる

提出書類の省略

還付が早い

自宅できる

e-taxの最大のメリットは自宅でできることです。

ただしもちろんインターネットが必要です。また当然ですがパソコンなどが必要になります。

2019の確定申告において「スマホで確定申告ができる!」と宣伝していましたが、これは現実には限定的です。

スマホで確定申告についてはこちらの記事をご覧ください。

e-taxをスマホで! マイナンバーカードはいらない?
e-taxをスマホで! マイナンバーカードはいらない? 世の中「それをそういう言い方しちゃったらこういう風に誤解されんるんじゃない?」ということはよくあります。 そんなことをうまく利用しようとする人もたくさんいます。官公庁だから、名前の…

24時間できる

e-taxは自宅でインターネットをつかって行ないますので、当然24時間いつでもできるということになります。

提出書類の省略

e-taxを使うと第三者作成書類などの提出を省略することができます。

ただし申告期限から5年間は、税務署等から書類の提示や提出を求められる場合があります。

還付が早い

確定申告の結果、還付金がある場合、通常1ヶ月くらいかかるところ3週間くらいで還付されます。

e-taxのデメリット

事前準備が必要

ICカードリーダーが必要

使い方を知る必要がある

事前準備が必要

e-taxを利用する場合事前準備が必要になります。

物理的なパソコンやスマホ(限定的)に加え、もちろんインターネット環境も必要になります。またマイナンバーカードや後述のICカードリーダーライターも必要になります。

マイナンバーカード、ICカードリーダーライターは一時的に現在不要で、ID・パスワード方式も可能となっていますが、まず間違いなく数年後には少なくともマイナンバーカードは必要になります。

またID・パスワード方式を利用する場合も税務署からIDとパスワードを入手する必要があります。

ICカードリーダーが必要

上述のとおり、通常e-taxにはICカードリーダーライターが必要です。

現在ID・パスワード方式により一時的にICカードリーダーライターは不要になっています。通年後にはアプリの利用や、バーコード、QRコードなどが導入される可能性も無きにしも非ず(私的見解)です。

ただ、いまのところはID・パスワード方式は暫定的で、その後はICカードリーダーライターが必要という状況です。

ID・パスワード方式についてはこちらの記事をご覧ください。

確定申告はID パスワード方式でラクになるか?
確定申告はID パスワード方式ラクになるか? 2019年の確定申告を騒がせているID パスワード方式。確定申告のe-taxの話です。このウラのありそうな話を勝手に探ってみました。 確定申告はID パスワード方式ラクになるか? 確定申告…

使い方を知る必要がある

e-taxは自宅でできて24時間いつでもできますが、その代わりそれは誰かが教えてくれるわけではありません。

国税庁のHPで調べるなど自分で使い方は学ばなければなりません。

まとめ

要は確定申告とは、国がそういう制度になっているから、自分で税金を計算して、自分で申告、自分で納税することなのです。

「国民の三大義務なんだから自分でやれよ」というところでしょうか?

しかしこれまでも個人事業主などで確定申告をしてきた人も、本当に経費になるか?ならないか?や勘定科目はなんなのか?などきちんと把握してやっているかは疑問です。

そこで税理士という存在があるわけですが、そんな国家資格を持っている専門家が存在しているということは、確定申告は難しいと言っていいと思います。もちろん最近は個人レベルで利用できる会計ソフトなどがありますが・・・。