確定申告の給与の期間はいつからいつまで? 確定申告の給与の期間は1月1日から12月31日まで

確定申告の給与の期間はいつからいつまで? 確定申告の給与の期間は1月1日から12月31日まで いつからいつまで
この記事は約6分で読めます。

確定申告の給与の期間の給与の期間と考えると、ひとつはサラリーマンでも確定申告しなければならないシチュエーションがあります。

もうひとつは医療費控除などの確定申告還付申告)です。

サラリーマンが確定申告や医療費控除についてはこちらの記事をご覧ください。

確定申告のやり方。サラリーマンはどうする? サラリーマンでも確定申告、副業の確定申告、医療費控除などの還付申告
確定申告のやり方。サラリーマンはどうする? サラリーマンでも確定申告、副業の確定申告、医療費控除などの還付申告 確定申告のやり方。サラリーマンはどうする? サラリーマンでも確定申告 確定申告のやり方。サラリーマンはどうする? 副業の確定申告 確定申告のやり方。サラリーマンはどうする? 医療費控除などの還付申告 確定申告のやり方。サラリーマンはどうする? サラリーマンの確定申告のやり方

確定申告の給与の期間はいつからいつまで? 確定申告の給与の期間は1月1日から12月31日まで

確定申告の給与の期間はいつからいつまで?
確定申告の給与の期間は1月1日から12月31日まで

確定申告の給与の期間はいつからいつまで?○○日〆の○○日払いとかってどう?
給与はその給与が確定した日で判断

確定申告の給与の期間はいつからいつまで?そもそも給与ってなに?
給与とは基本給と各種手当の総額

確定申告の給与の期間はいつからいつまで?給与?収入?所得?
給与、収入、所得の関係

<参考>確定申告の収入の期間はいつからいつまで?期ズレとは?売上の計上?経費の計上?
モノを引渡した日、サービスの提供した日で決まる

確定申告の給与の期間はいつからいつまで? 確定申告の給与の期間は1月1日から12月31日まで

確定申告の給与の期間はいつからいつまで?確定申告の給与の期間は1月1日から12月31日まで

確定申告収入の期間はいつからいつまでなのか?

それは、確定申告をする年の前年の1月1日から12月31日までです。

つまり2020年に確定申告をしようと思ったら、その確定申告収入の期間は、2019年1月1日から2019年12月31日までの収入ということになります。

確定申告の給与の期間はいつからいつまで?○○日〆の○○日払いとかってどう? 給与はその給与が確定した日で判断

確定申告の給与の期間はいつからいつまで?○○日〆の○○日払いとかってどう?収入はその収入が確定した日で判断

サラリーマンの収入を考えた場合、それは主に年末調整ということになりますが、サラリーマンでも確定申告が必要なこともあります。

サラリーマンもややこしい問題があります。

それは○○日〆の○○日払いといった給与の締め日と支払日の関係です。

基本的には、サラリーマンの場合はその給与が確定した日となります。

つまり例えばその会社が、月末締めの翌月10日払いと決まっている場合、1月10日に支給の給与は1月分の給与となります。

2019年12月末締め、翌2020年1月10日支給の給与は、2020年の給与となり、確定申告をするのは2021年となります。

気をつけなければならないのは、支給日を定める、定めないを含め、締め日、支給日などは会社が決めることで、会社によって違うということです。

確定申告の給与の期間はいつからいつまで?そもそも給与ってなに? 給与とは基本給と各種手当の総額

確定申告の給与の期間はいつからいつまで?そもそも給与ってなに?給与とは基本給と各種手当の総額

給与とは基本給と各種手当の総額です。

基本給とは、各種手当などを除いた、賃金のことです。

手当とは、基本給以外に支払われる賃金のことです。

例えば、職種手当、時間外勤務手当(残業代)、通勤手当、住宅手当など、一律に支給される手当、残業手当、歩合給、インセンティブなどです。

確定申告の給与の期間はいつからいつまで?給与?収入?所得? 給与、収入、所得の関係

確定申告の給与の期間はいつからいつまで?給与?収入?所得?給与、収入、所得の関係

給与とは、基本給と各種手当の総額です。

収入とは、売上や給与、賞与、各種手当合計額です。

収入とは、サラーリマンの場合、給与賞与などの合計額です。

「そんなことはわかっている」と言われそうですが、収入とは個人事業主などの場合は売上ですし、サラリーマンの場合は給与や賞与などです。また交通費を除く各種手当です(15万円以上の交通費は収入)。

つまり入ってくるお金です。

難しく言うと

収入(しゅうにゅう、英: income)とは、ある期間に得た金銭、物件のこと。すなわち経済単位(個人または法人)が、経済活動や既存の権利の対価として、ある期間に新たに得た金銭、あるいは、動産、不動産、権利などの金銭価値換算可能な物件の総称である。税法上に定める所得とは異なる。広義には、非合法な手段をもって得たものについても、これに含める場合がある。

(出典:wikipedia)

サラリーマンの通勤手当は非課税(ただし限度額あり)

サラリーマンの通勤手当は非課税(ただし限度額あり)

サラリーマンの通勤手当は非課税ですので収入に含みません。

通勤手当の非課税について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

通勤手当は住民税の課税対象か? 通勤手当は基本的に住民税の非課税対象
通勤手当は住民税の課税対象か? 通勤手当は基本的に住民税の非課税対象 通勤手当は住民税の課税対象か?限度額はないの? 通勤手当の住民税の非課税限度額がある 通勤手当は住民税の課税対象か?所得税は? 通勤手当は基本的に所得税の非課税対象 通勤手当は住民税の課税対象か?所得税の限度額はないの? 通勤手当の所得税の非課...
収入と所得の違い

給与所得=給与収入-給与所得控除額

確定申告の収入の期間はいつからいつまで? 確定申告の収入の期間は1月1日から12月31日まで

収入が給与、賞与だなんてことはわかっているよ」と言いたいですよね。本題はこちらですよね。

つまり知りたいことは、収入と所得の違いの違いだと思うのです。それは上記のとおりです。

ちなみに収入所得の違いについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

収入と所得の違い
わかれば簡単ですが、意外とわかかりづらい収入と所得の違いです。収入と所得の違い個人事業主など所得=収入-必要経費サラリーマンなどの給与所得者給与所得=収入-給与所得控除額収入とは個人事業主の場合収入=売上サラリーマンの場合収入=給与+賞与サ

<参考>確定申告の収入の期間はいつからいつまで?期ズレとは?売上の計上?経費の計上? モノを引渡した日、サービスの提供した日で決まる

<参考>確定申告の収入の期間はいつからいつまで?期ズレとは?売上の計上?経費の計上?モノを引渡した日、サービスの提供した日で決まる

サラリーマンの給与とは直接関係ありませんが、以下参考までに記しておきます。

確定申告収入の期間がわかったところで、12月や1月といって期をまたぐ、ややややこしい時期について考えて見ます。期ズレなどという問題もあるようです。

売上の計上日とは、原則としてモノの提供であれば、そのモノを引渡した日、サービスの提供であれば、そのサービスを提供した日です。

つまり12月31日までにモノを引き渡したり、サービスを提供していれば、その年の、1月1日以降にモノを引き渡したり、サービスを提供していれば、次の年の売上となります。

例えば2020年の確定申告の場合、モノを引き渡しや、サービスの提供が12月31日までであれば、2020年の確定申告の対象です。モノを引き渡しや、サービスの提供が1月1日以降であれば2021年の確定申告の対象となるわけです。

期ズレとは、モノを引き渡しや、サービスの提供が12月31日まであるのに、1月1日以降に請求書を発行してしまうなど場合を言います。

まとめ

確定申告の給与の期間はいつからいつまで?ということで、確定申告の給与の期間は1月1日から12月31日までです。

○○日〆の○○日払いなど給与の締め日や支払日については、給与はその給与が確定した日で判断します。

そもそも給与ってなにかというと、給与とは基本給と各種手当の総額になります。

給与にまつわる、ややこしい、給与?収入所得?など言葉の問題、給与、収入所得の関係

について書きました。

参考までに、期ズレ?売上の計上、経費の計上について書きました。