確定申告の領収書の期間は? 確定申告の領収書の期間は、その保存期間、確定申告の領収書の期間等がある

確定申告
この記事は約4分で読めます。

確定申告 領収書 期間

今回は確定申告の領収書の期間について考えて見たいと思います。

確定申告の領収書の期間については、その保存期間、また確定申告の申告する対象の経費の領収書はいつからいつまでの分か?という期間もあります。

確定申告の領収書の期間は? 確定申告の領収書の期間は、その保存期間、確定申告の領収書の期間等がある

確定申告の領収書の期間は?
確定申告の領収書の期間は、その保存期間、確定申告の領収書の期間等がある

確定申告の領収書の期間は?その保存期間ついて
青色申告の個人事業主、白色申告の個人事業主、法人等によって違う

確定申告の領収書の期間は?確定申告の領収書の期間について
確定申告の領収書は1月1日から12月31日までの1年間分

確定申告の領収書はいつからいつまで?
=確定申告の対象期間はいつからいつまで?

確定申告の領収書の期間は? 確定申告の領収書の期間は、その保存期間、確定申告の領収書の期間等がある

確定申告の領収書の期間は?確定申告の領収書の期間は、その保存期間、確定申告の領収書の期間等がある

一口に確定申告の領収書の期間といってもいろいろあります。

確定申告の領収書の期間の代表的なものとしては、その領収書の期間、またその年の確定申告の領収書の期間があります。

その年の確定申告の領収書の期間とは、その年に確定申告で申告する経費の領収書がいつからいつまでの分か?ということです。

確定申告の領収書の期間は?その保存期間ついて 青色申告の個人事業主、白色申告の個人事業主、法人等によって違う

確定申告の領収書の期間は?その保存期間ついて青色申告の個人事業主、白色申告の個人事業主、法人等によって違う

確定申告の領収書の期間を、保存期間という観点から考えて見ると、青色申告の個人事業主、白色申告の個人事業主、法人などによって違います。

青色申告の個人事業主

青色申告の領収書の保存期間は7年間

青色申告の領収書の保存期間は7年間です。

ただし、前々年の所得300万円以下の場合は、5年間です。

保存期間の起算日は確定申告の期限日となります。

白色申告の個人事業主

白色申告の領収書の保存期間は5年

白色申告の領収書の保存期間は5年です。

所得は関係ありません。

保存期間の起算日は確定申告の期限日となります。

法人

法人の領収書の保存期間は7年間

法人の領収書の保存期間は7年間です。

法人の規模によって違いはありません。

保存期間の起算日は法人税申告期限日となります。

確定申告の領収書の期間は?確定申告の領収書の期間について 確定申告の領収書は1月1日から12月31日までの1年間分

確定申告の領収書の期間は?確定申告の領収書の期間について確定申告の領収書は1月1日から12月31日までの1年間分

確定申告の際、いつからいつまでの領収書が対象になるのでしょうか?確定申告の領収書は1月1日から12月31日までの1年間分です。

確定申告の領収書はいつからいつまで? =確定申告の対象期間はいつからいつまで?

確定申告の領収書はいつからいつまで?=確定申告の対象期間はいつからいつまで?

確定申告の領収書はいつからいつまで?というのは、イコール確定申告の対象期間はいつからいつまで?ということです。

個人事業主などの経費としての領収書

確定申告の領収書がいつからいつまでの分かというのは、確定申告の対象期間がいつからいつまでなのかというのと同じです。

なぜ確定申告に領収書を用意しなければならないか?それは経費がいくらかかったのかを明確にしなければならないからです。

その経費はいつの分かといえば確定申告の対象期間の分です。

確定申告の対象期間は「課税対象期間」です。

つまり1月1日から12月31日までの「年」にどれくらいの収入があって、税金はいくらになるのかを計算して申告するのが確定申告です。

税金には主に所得税住民税がありますが、税金を計算するには所得を計算する必要があります。

所得は個人事業主などでは収入から経費を引いたものです。

収入 所得 違い

つまり1年間の収入や「経費」を明確にしなければならないのです。

経費を証明する書類が領収書であり、その領収書がいつからいつまでの分かということになると「課税対象期間」である1月1日から12月31日までの分ということになります。

サラリーマンの医療費控除などの領収書

サラリーマンの医療費控除などの領収書も1月1日から12月31日までの1年間です。

こちらは還付申告になります。サラリーマンは基本的に確定申告が必要ない変わりに源泉徴収年末調整が行われています。

医療費控除については年末調整の対象となっていないことから、個々人で還付申告の必要がありますが、年末調整確定申告還付申告ともに「課税対象期間」は同じで1月1日から12月31日までの1年間ですので、医療費などの領収書も同じく1月1日から12月31日までの1年間となるのです。

まとめ

確定申告の領収書の期間は?ということで、確定申告の領収書の期間は、その保存期間、確定申告の領収書の期間等があります。

まず、その保存期間ついてですが、青色申告の個人事業主、白色申告の個人事業主、法人等によって違います。

また確定申告の領収書の期間については、確定申告の領収書は1月1日から12月31日までの1年間分です。

確定申告の領収書はいつからいつまで?というのは、確定申告の対象期間はいつからいつまで?と同じ意味です。