確定申告はいつまで? 3月15日まで。2020年は4月17以降未定

確定申告はいつまで? 3月15日まで。2021年は3月15日まで いつからいつまで
この記事は約19分で読めます。

昨日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が出されました。

一番怖いのはパニックだと思います。

個人的には冷静に対応していきたいと思っています。

確定申告の方は、当初3月16日(月)までだった期限が4月17日(金)になり、また今度は4月17日以降も受け付けるということになりました。

それにともなう所得税、個人事業税、消費税の納税についても、延長の申請をした事業者に対し、所轄の税務署から個別に期限を連絡してくるということです。

確定申告はいつまで?
3月15日まで。2020年は4月17以降未定

確定申告はいつまで?
3月15日まで。2020年は4月17以降未定

確定申告はいつまで?2020年の確定申告の期間は?
3月15日まで。2020年は2月17日(月)~4月17日以降未定

確定申告はいつまで?確定申告 対象期間はいつからいつまで
1月1日から12月31日まで。2020年は2019年1月1日から2019年12月31日までの1年間

確定申告はいつまで?2020年の所得税と復興特別所得税の納税期限は?
4月17日以降の延長申請をすれば、個別に連絡がくる

確定申告はいつまで?2020年の消費税納税は?
4月17日以降の延長申請をすれば、個別に連絡がくる

確定申告はいつまで?個人事業主は?
住民税と個人事業税

確定申告はいつまで? サラリーマンは?
サラリーマンの還付申告は基本的に1月1日から5年後の12月31日まで

確定申告はいつまで?申告しないと?
無申告加算税

確定申告はいつまで?確定申告のやり方は?
確定申告書を作成して税務署に提出する

確定申告はいつまで? 3月15日まで。2020年は4月17以降未定

確定申告はいつまで?3月15日まで。2020年は4月17以降未定

確定申告はいつまでにしなければならないのか?

確定申告の期間は、3月15日までです。それぞれ土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります。

つまり2020年(令和2年)は2020年(令和2年)3月16日(月)まででした

ただし、2020年は新型コロナウイルスの影響で申告期間延長され、当初4月17日(金)となりました。

また新型コロナウイルス感染症の各地での感染の拡大状況により、さらに4月17日(金)以降も確定申告を受け付けることとなっています。

ちなみに上記は所得税についてです。

確定申告はいつまで? 3月15日まで。2020年は4月17以降未定

令和 2 年 4 月 6 日
国 税 庁
令和元年分の申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限につきまし
ては、先般、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、令和 2 年 4 月 16 日(木)ま
で延長いたしました。
期限を延長した結果、確定申告会場の混雑は例年に比べかなり緩和されています。
各確定申告会場においては、感染防止に万全の措置を講じております。また、ご来場い
ただいた納税者の皆さまには、マスクの着用やアルコール消毒液の利用をはじめとした感
染予防にご協力をいただいており、確定申告会場での感染はこれまで確認されておりませ
ん。
申告実績を見ると、自宅からの e-Tax による申告の増加などもあり、既に昨年の約 9 割
の申告がなされています。
今後とも、申告相談に当たっては、感染リスクの防止を更に徹底してまいります。
国税庁では、確定申告会場に出向かなくても自宅等から簡単に申告を行っていただける
よう、スマートフォン等による e-Tax などの手段をご用意しています。ぜひ利用いただく
よう、お勧めします。詳しくは国税庁ホームページをご覧ください。
また、令和元年分の還付申告については、5 年間(令和 6 年 12 月 31 日まで)申告するこ
とが可能です。
(還付申告の例)
給与所得者や公的年金受給者で、医療費控除・寄附金控除(ふるさと納税等)・
住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)により還付を受けられる方 等
・ 申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限の個別指定による期限延長手続に
関するFAQ(PDF/708KB)
・ 申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限が令和2年4月 16 日(木)まで延
長されました(令和2年3月6日)
・ (4月 17 日以降に申告をされる方へ)4月 17 日以降に申告される方の口座からの振替日は、個
別に連絡いたします(PDF/101KB)(令和2年4月6日)
・ (振替納税をご利用の方へ)口座からの振替日が、申告所得税は5月 15 日(金)、個人事業者の消
費税は5月 19 日(火)になります(令和2年3月 11 日)
確定申告期限の柔軟な取扱いについて
― 4 月 17 日(金)以降も申告が可能です ―
【確定申告期限の柔軟な取扱いについて】
昨今の新型コロナウイルス感染症の各地での感染の拡大状況に鑑み、更に確定申告会場
の混雑緩和を徹底する観点から、感染拡大により外出を控えるなど期限内に申告すること
が困難な方については、期限を区切らずに、4 月 17 日(金)以降であっても柔軟に確定申
告書を受け付けることといたしました。申告書の作成又は来署することが可能になった時
点で税務署へ申し出ていただければ、申告期限延長の取扱いをさせていただきます。
【4 月 17 日以降の申告相談について】
現在までの申告状況を踏まえれば、4 月 17 日(金)以降に税務署へお越しになる方の数
は、比較的限定的となると考えられます。そこで、4 月 17 日(金)以降の申告相談につき
ましては、確定申告会場のように先着順に申告相談をお受けする方式ではなく、納税者の
皆さまにお待ちいただくことなくスムーズに申告できるよう、原則として、事前予約制と
するなど、感染リスク防止により一層配意した形で行うことといたします。

(出典:国税庁HP)

消費税および地方消費税については、個人事業者の場合は、課税対象期間の翌年3月31日(2020年は特例にて別途)が提出期限となっていて、法人の場合は、事業年度末日の翌日から2カ月以内となっています(ちなみに法人は、前年度の確定消費税額が48万円を超えている場合、その確定税額に応じて定められた回数の中間申告が必要)。また法人税については、決算日後から2ヶ月以内となっています。

また個人事業税については、確定申告をすれば申告する必要はありません(つまり基本的には申告の期間は確定申告と同じ)。

確定申告はいつまで?2020年の確定申告の期間は? 2月16日から3月15日まで。2020年は2月17日(月)~4月17日以降未定

確定申告はいつまで?2020年の確定申告の期間は?2月16日から3月15日まで。2020年は2月17日(月)~4月17日以降未定

確定申告の期間は、2月16日~3月15日です。それぞれ土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります。

つまり2020年(令和2年)は2020年(令和2年)2月16日(月)~2020年(令和2年)3月16日(月)でした。

ただし、上述のとおり新型コロナウイルスの影響で、確定申告期間は延長され、4月17以降も受付可能となりました。

つまり、2020年(令和2年)は2020年(令和2年)2月16日(月)~2020年(令和2年)4月17日(金)以降となります。

ちなみに上記は所得税についてです。

消費税および地方消費税については、個人事業者の場合は、課税対象期間の翌年3月31日(2020年は特例にて別途)が提出期限となっていて、法人の場合は、事業年度末日の翌日から2カ月以内となっています(ちなみに法人は、前年度の確定消費税額が48万円を超えている場合、その確定税額に応じて定められた回数の中間申告が必要)。また法人税については、決算日後から2ヶ月以内となっています。

また個人事業税については、確定申告をすれば申告する必要はありません(つまり基本的には申告の期間は確定申告と同じ)。

確定申はいつまで?確定申告 対象期間はいつからいつまで? 1月1日から12月31日まで。2020年は2019年1月1日から2019年12月31日までの1年間

確定申はいつまで?確定申告 対象期間はいつからいつまで?1月1日から12月31日まで。2020年は2019年1月1日から2019年12月31日までの1年間

基本的には1月1日から12月31日までの1年間

まず基本的な、「確定申告とはいつからいつまでの収入についてやるの?」ということです。

「課税対象期間」と言います。

1月1日から12月31日までの1年間。つまり例えば2020年(令和2年)の確定申告期間(2020年(令和2年)2月17日(月)~2020年(令和2年)4月17日以降)に行う確定申告は、2019年(平成31年)1月1日から2019(令和元年)年12月31日までの収入ということになります。

国 税 庁

1 口座からの振替日
申告期限の延長申請をされた方の申告所得税及び個人事業者の消費税の
口座からの振替日については、所轄の税務署から個別に連絡させていただく
こととしております。
※ 口座からの振替日は、延長後の期限から税務署内での処理や金融機関へ
の連絡等に要する日数を加算して個別に設定することとしております。
2 新規に振替納税の利用を希望される方へ
振替納税のご利用に当たっては、延長後の期限(※)までに所轄の税務署
へ「預貯金口座振替依頼書」を提出いただく必要があります。
※ 申告と同時に申告期限の延長申請をされる場合は、申告の日が延長後の
期限になりますので、申告書と併せて「預貯金口座振替依頼書」を提出い
ただく必要があります。
3 納税資金の準備が困難な方へ
新型コロナウイルス感染症の影響により、国税を一時に納付することが困
難と認められる場合は、税務署に申請いただくことで、納税についての猶予
制度を適用できますので、所轄の税務署(徴収担当)にご相談ください。
~4月 17 日以降に申告される方へ~
個別指定による期限延長により4月 17 日以降に申告される方
の口座からの振替日は、個別に連絡いたします

主な税目は「所得税」、「消費税および地方消費税」、「法人税」。所得税は、個人事業主、サラリーマン。消費税および地方消費税は、課税売上高又は給与支払額が1,000万円超などの場合。

確定申告はいつまで?2020年の所得税と復興特別所得税の納税期限は? 4月17日以降の延長申請をすれば、個別に連絡がくる

確定申告はいつまで?2020年の所得税と復興特別所得税の納税期限は?4月17日以降の延長申請をすれば、個別に連絡がくる

基本的には所得税は確定申告後すぐ=3月15日(2020年は特例にて別途)

2020年は、新型コロナウイルスの影響で確定申告の期限が2020年(令和2年)は4月17日以降まで延長されました。

これにともない、所得税と復興特別所得税の納税期限も4月17日以降の延長申請をすれば、個別に連絡がくるということになりました。

※3月15日(2020年は特例にて別途)が土曜日、日曜日の場合は翌月曜日

確定申告はいつまで?2020年の消費税納税は? 4月17日以降の延長申請をすれば、個別に連絡がくる

確定申告はいつまで?2020年の消費税納税は?4月17日以降の延長申請をすれば、個別に連絡がくる

消費税は本来3月31日(2020年は特例にて別途)まで

※口座振替にすると振替日は4月の下旬

つまり2020年(令和2年)は4月17日以降です。

国 税 庁

1 口座からの振替日
申告期限の延長申請をされた方の申告所得税及び個人事業者の消費税の
口座からの振替日については、所轄の税務署から個別に連絡させていただく
こととしております。
※ 口座からの振替日は、延長後の期限から税務署内での処理や金融機関へ
の連絡等に要する日数を加算して個別に設定することとしております。
2 新規に振替納税の利用を希望される方へ
振替納税のご利用に当たっては、延長後の期限(※)までに所轄の税務署
へ「預貯金口座振替依頼書」を提出いただく必要があります。
※ 申告と同時に申告期限の延長申請をされる場合は、申告の日が延長後の
期限になりますので、申告書と併せて「預貯金口座振替依頼書」を提出い
ただく必要があります。
3 納税資金の準備が困難な方へ
新型コロナウイルス感染症の影響により、国税を一時に納付することが困
難と認められる場合は、税務署に申請いただくことで、納税についての猶予
制度を適用できますので、所轄の税務署(徴収担当)にご相談ください。
~4月 17 日以降に申告される方へ~
個別指定による期限延長により4月 17 日以降に申告される方
の口座からの振替日は、個別に連絡いたします

(出典:国税庁HP)

※ただし基本的に、消費税は開業してから2年間は納付の義務なし

※口座振替にすると振替日は4月の下旬

確定申告はいつまで?個人事業主は? 住民税と個人事業税

確定申告はいつまで?個人事業主は?住民税と個人事業税

以上を基本として、そのほかに住民税と個人事業税があります。

住民税

住民税については、税務署から地方公共団体に確定申告書等のデータが送信されるので、申告は必要ありません。

納付については、6月に一括して支払うか、4回(6月、8月、10月、翌年1月)に分割して納付します。

個人事業税

個人事業税についても、税務署から地方公共団体に確定申告書等のデータが送信されるので、申告は必要ありません。

納付については、8月に一括して支払うか、2回(8月、11月)に分割して納付します。

確定申告はいつまで? サラリーマンは? サラリーマンの還付申告は基本的に1月1日から5年後の12月31日まで

確定申告はいつまで? サラリーマンは?サラリーマンの還付申告は基本的に1月1日から5年後の12月31日まで

2020年のサラリーマンの還付申告は2015年(平成27年)以降の分を2020年(令和2年)1月1日(水)から2020年(令和2年)12月31日(木)

サラリーマンの還付申告は基本的に1月1日から5年後の12月31日まで

サラリーマンの還付申告については、翌年1月1日から5年間行えます。

つまり前年の1月1日から12月31日までの所得について、翌年の1月1日から5年後の12月31日まで申告できます。

よって2020年(令和2年)に行う還付申告は、2015年(平成27年)以降の分を2020年(令和2年)1月1日(水)から2020年(令和2年)12月31日(木)までです。

2019年(平成31年、令和元年)分の還付申告は、2020年(令和2年)1月1日(水)から2024年(令和6年)12月31日(火)までです。

サラリーマンの還付申告とは

サラリーマンなどの給与所得者は会社が年末調整をしてくれます。

しかし年末調整が、必ずしもすべてにおいて、完全に源泉徴収の清算をしているかというとそうではありません。

源泉徴収によって清算しきれなかった源泉徴収の清算をするのが還付申告であり、税金の還付の申告をすることによって、納めすぎた税金を還付してもらうのです。

対象はサラリーマンなどの給与所得者となります。

源泉徴収によって清算しきれない内容は、以下のとおりです。

年間10万円を超える医療費を支払った場合

災害や盗難にあって住宅や家財に被害を受けた場合

国や地方公共団体などに寄附した場合

住宅ローンを組んで住宅の購入などをした場合

中途退職後、再就職をしていない場合

年末調整で所得控除の適用漏れがあった場合

所定の要件を満たすマイホームの売却損失が出た場合

還付申告においては、申告の期限というものはなく、対象となる年の次の年の1月1日以降となっています。また過去5年間に遡っていつでも申告することができます。

給与所得者は、次のような場合には、原則として還付申告をすることができます。

(1) 年の途中で退職し、年末調整を受けずに源泉徴収税額が納め過ぎとなっているとき
(2) 一定の要件のマイホームの取得などをして、住宅ローンがあるとき
(3) マイホームに特定の改修工事をしたとき
(4) 認定住宅の新築等をした場合(認定住宅新築等特別税額控除)
(5) 災害や盗難などで資産に損害を受けたとき
(6) 特定支出控除の適用を受けるとき
(7) 多額の医療費を支出したとき
(8) 特定の寄附をしたとき
(9) 上場株式等に係る譲渡損失の金額を申告分離課税を選択した上場株式等に係る配当所得等の金額から控除したとき

(出典:国税庁HP)

確定申告はいつまで?申告しないと? 無申告加算税

確定申告はいつまで?申告しないと?無申告加算税

所得があるのに、確定申告の期限である3月15日(2020年は特例にて別途)までに申告をしないと、無申告加算税を支払わなければなりません。

無申告課税は、

納付すべき税額が50万円まで=15%

納付すべき税額が50万円を超えた分=20%

確定申告がなんなのか?という点については以前取り上げました。 確定申告がなんなのか?について詳しくは後述します。 今回はより具体的に確定申告とは実際のところ何をするのかということについて書いてみたいと思います。 今回は個人事業主などの確定申告のやり方です。給与所得者の医療費控除や住宅ローン控除などの還付申告については後述します。

確定申告はいつまで?確定申告のやり方は? 確定申告書を作成して税務署に提出する

確定申告はいつまで?確定申告のやり方は?確定申告書を作成して税務署に提出する

確定申告は、確定申告書を作成して税務署に提出するのです。 期間は、2月16日~3月15日(2020年は特例にて別途)です。それぞれ土曜日、日曜日と重なると順次繰り下げ、月曜日までとなります。 つまり2020年(令和2年)は、2月17日(月)~2020年(令和2年)4月17日以降です。

管轄の税務署を調べる

確定申告をするのは、住所地もしくは居所地を管轄する税務署です。 管轄の税務署を調べる https://www.nta.go.jp/about/organization/access/chizu.htm

青色申告をするか、白色申告をするか。

確定申告書を作成する前に、青色申告をするか白色申告をするか選択する必要があります。 青色申告と白色申告の違いは簡単に言うと税金が安くなるかならないかです。

青色申告?白色申告?その違いとは?

 メリットデメリット
青色 申告青色申告特別控除最大65万円 赤字を3年間繰越できる 家族従業員の給与を経費にできる など事前申請の必要がある 帳簿づけが大変 提出書類が白色申告と比較して多い
白色 申告事前申請の必要なし 帳簿づけが簡単 確定申告の提出書類が白色申告と比較して少い青色申告のメリットがない

青色申告のメリット

青色申告特別控除最大65万円 赤字を3年間繰越できる 家族従業員の給与を経費にできる

青色申告特別控除最大65万円

ここでは難しいことは置いておいて青色申告特別控除最大65万円についてみてみようと思います。 特別控除が何なのかという話ですが、要は税金、所得税の話ですから、 所得税額=課税所得金額×税率-税額控除額 課税所得金額=収入-所得控除額 です。 https://kakuteishinkoku-season.com/post-1762 この青色申告の特別控除とは所得控除額のひとつです。つまり課税所得金額が下がるイコール税金が安くなるということです。 これは所得税に限らず、確定申告を元に計算される住民税、国民健康保険税(料)にも関係してくるのです(安くなる)。 ちなみにこの青色申告特別控除最大65万円は、主に単式簿記か複式簿記かによって10万円になってしまいます。単式簿記なら10万円、複式簿記なら65万円です。

赤字を3年間繰越できる

貸倒配当金を利用できる 減価償却を1年で300万円まで一括計上できる

家族従業員の給与を経費にできる

家事按分を利用できる

青色申告のデメリット

届出が必要 帳簿づけが大変 提出書類が白色申告と比較して多い

届出が必要

税務署に事前に以下の届け出が必要です。 開業届 青色申告承認申請書 開業届についてはこちらの記事をご覧ください。 https://kakuteishinkoku-season.com/%E9%96%8B%E6%A5%AD%E5%B1%8A-2020%E5%B9%B4%E9%9D%92%E8%89%B2%E7%94%B3%E5%91%8A%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AA%E3%82%89%E4%BB%8A%EF%BC%81

帳簿づけが大変

帳簿づけとかよくわからない 会計ソフトが活躍してくれます。マネーフォワードクラウド確定申告や、freee確定申告弥生のクラウド確定申告ソフト用などです。 またこちらも税理士に頼むといくらくらいなのか一度相談してもいいかもしれません。

提出書類が白色申告と比較して多い

これも確定申告書も含めて会計ソフトを使うと気にならないレベルです。マネーフォワードクラウド確定申告や、freee確定申告弥生のクラウド確定申告ソフト用などです。 税理士に頼めばラクなのは言うまでもなく、費用との兼ね合いになります。

白色申告のメリット

事前申請の必要なし 帳簿づけが簡単 確定申告の提出書類が白色申告と比較して少い まったく青色申告の逆です。

白色申告のデメリット

青色申告のメリットがない すみません。カンタンに書くとそういうことです。

確定申告書の作成

最寄りの税務署で確定申告書を入手して、手書きする 国税庁のHPにある確定申告書作成コーナーで作成する 確定申告(会計)ソフトを使って作成する 確定申告書を提出する 確定申告書を作成する方法は3つあるのです。

確定申告書を作成する際に必要なもの

経費の領収書

確定申告をするためには必要経費を算出しなければなりませんが、経費を算出するのには領収書が必要です。

控除の証明書

所得控除の証明書

雑損控除 医療費控除 社会保険料控除 小規模企業共済等掛金控除 生命保険料控除 地震保険料控除 寄付金控除 寡婦・寡夫控除 勤労学生控除 障害者控除 配偶者控除 配偶者特別控除 扶養控除 基礎控除 青色申告特別控除

税額控除の証明書

マイホームの取得等と所得税の税額控除 居住者に係る外国税額控除 非居住者に係る外国税額控除 配当所得があるとき(配当控除) 政党等寄附金特別控除制度 認定NPO法人に寄附をしたとき 公益社団法人等に寄附をしたとき 試験研究費の総額に係る税額控除制度 特別試験研究に係る税額控除制度 雇用者の数が増加した場合の税額控除 雇用者給与等支給額が増加した場合の税額控除

源泉徴収票

個人事業主であっても、サラリーマンが副業として事業をしている場合や、法人の役員になっている場合は、源泉徴収票が発行され確定申告をする際に必要になります。

収支内訳書(白色申告)or青色申告決算書(青色申告)

白色申告をするか青色申告をするかによって違ってきますが、収支内訳書(白色申告)か青色申告決算書(青色申告)が必要になります。 収支内訳書は、売上と経費(仕入、人件費、旅費交通費、通信費など)を記入します。また そこから所得金額を計算します。 青色申告決算書は内訳は、損益計算書、損益計算書の内訳、貸借対照表の4枚になっています(損益計算書の内訳は2枚)。 損益計算書:収入や経費を記載 損益計算書の内訳:損益計算書の内訳 貸借対照表:資産や負債を記載

確定申告書を提出する

基本的に3つの方法があります。 管轄の税務署に行って提出する。 管轄の税務署に郵送する e-taxを使う 例えば、自分で確定申告書を作って管轄の税務署に提出する。国税庁のHPにある確定申告書作成コーナーで確定申告書を作成し、そのままe-taxでする、もしくは税務署に持って行く。確定申告(会計)ソフトでデータを作成してe-taxでする。税務署に持って行くなどです。

納税する

税金を納税します。期限についは以下のようになっています。 所得税は確定申告後すぐ=3月15日(2020年は特例にて別途) ※3月15日(2020年は特例にて別途)が土曜日、日曜日の場合は翌月曜日 ※口座振替にすると振替日は4月の下旬 消費税は3月31日(2020年は特例にて別途)まで ※ただし基本的に、消費税は開業してから2年間は納付の義務なし ※口座振替にすると振替日は4月の下旬  

まとめ 

確定申告はいつまで?ということですが、3月15日までです。ただし2020年は4月17以降も申告できます。

2020年の確定申告の期間は?というと、2月16日から3月15日までとなります。2020年は2月17日(月)~4月17日以降未定ということになりました。

確定申告の対象期間はいつからいつまで?という件については、1月1日から12月31日まで。2020年は2019年1月1日から2019年12月31日までの1年間ということになります。

2020年の所得税と復興特別所得税の納税期限は?については、2020年に限っては、4月17日以降の延長申請をすれば、個別に連絡がくるそうです。

2020年の消費税納税も同様、4月17日以降の延長申請をすれば、個別に連絡がきます。

その他個人事業主の住民税と個人事業税、 サラリーマンの還付申告が基本的に1月1日から5年後の12月31日までという点をまとめてみました。