仕分けと仕訳の違いとは?確定申告や複式簿記で迷っていない? 青色申告の時に仕訳はするけど、複式簿記を知らなくてもクラウド会計ソフトはやってくれる

確定申告
この記事は約4分で読めます。

仕分けと仕訳の違いとは?確定申告や複式簿記で迷っていない?
青色申告の時に仕訳はするけど、複式簿記を知らなくてもクラウド会計ソフトはやってくれる

仕分けと仕訳の違いを考えるのは、初めて確定申告をしようとしているか、簿記の資格を取得しようとしているか、といったところでしょう。

簿記の資格を取得しようとしているのであれば、もっと詳しく解説しているサイトで勉強すべきです。

私がここで書こうとしているのは、初めて確定申告をしようとしている人が簡単に、かつだいたいの内容を知るためのものです。

そもそも、もし個人事業主などが事業所得などを得て、確定申告をしようと思っているのであれば、複式簿記などを勉強している暇があったら、本業に注力すべきだと思うのです。

そのために利用すべきはクラウド会計ソフト

逆に、クラウド会計ソフトの利用料金を支払うほどの利益がないのであれば、複式簿記を勉強して、地道に確定申告すべきです。

要はコスパの問題。

税理士も含めて、本業と確定申告にかかるコスト、青色申告による節税。

仕分けと仕訳の違いとは?確定申告や複式簿記で迷っていない?
青色申告の時に仕訳はするけど、複式簿記を知らなくてもクラウド会計ソフトはやってくれる

仕分けと仕訳の違いとは?確定申告や複式簿記で迷っていない?
青色申告の時に仕訳はするけど、複式簿記を知らなくてもクラウド会計ソフトはやってくれる

仕分けと仕訳の違いが確定申告に関係あるの?
青色申告なら仕訳が 白色申告なら仕分けが

仕分けと仕訳の違いは結局一般用語としての違い?
仕訳とは複式簿記に使われる簿記用語、仕分けは簿記にも使われる一般用語

仕分けと仕訳の違いとは?確定申告や複式簿記で迷っていない? 青色申告の時に仕訳はするけど、複式簿記を知らなくてもクラウド会計ソフトはやってくれる

仕分けと仕訳の違いとは?確定申告や複式簿記で迷っていない?青色申告の時に仕訳はするけど、複式簿記を知らなくてもクラウド会計ソフトはやってくれる

仕分けと仕訳の違いはなにかというと、仕訳は複式簿記に必須のものです。

複式簿記をする一番の目的は青色申告です。

確定申告青色申告だけが目的の人は、複式簿記も仕訳も勉強する必要はなく、クラウド会計ソフトを使った方がコスパはいいと思います。

仕分けと仕訳の違いが確定申告に関係あるの? 青色申告なら仕訳が 白色申告なら仕分けが

仕分けと仕訳の違いが確定申告に関係あるの?青色申告なら仕訳が 白色申告なら仕分けが

仕分けと仕訳の違いが確定申告に関係あるのか?というと、関係あります。

青色申告仕訳をします。

白色申告仕分けをします。

仕分けと仕訳の違いは結局一般用語としての違い? 仕訳とは複式簿記に使われる簿記用語、仕分けは簿記にも使われる一般用語

仕分けと仕訳の違いは結局一般用語としての違い?仕訳とは複式簿記に使われる簿記用語、仕分けは簿記にも使われる一般用語

仕訳とは複式簿記に使われる簿記用語です。

仕分けは簿記にも使われる一般用語です。

「簿記にも使われる」とは先述のように、白色申告では仕分けをし、青色申告では仕訳をするという意味です。

仕訳とは複式簿記ですが、仕分けは一般用語としても使われます。

例えば「仕事の仕分」など物事を区別して行うことであったり、分類することです。

参考までにwikipediaの記述を引用しておきます。

仕訳(しわけ、英: journaling)とは、複式簿記において、発生した取引を貸借の勘定科目に分類することである。

仕訳においては、資産・費用は借方、負債・純資産・収益は貸方に分類し、取引の貸借が分類されたとおりであればその勘定科目を増加し、逆であればその勘定科目を減少させるというルールがある。仕訳は仕訳帳へ記帳される。

(出典:wikipedia)

まとめ

仕分けと仕訳の違いとは?確定申告複式簿記で迷っていない?ということで、青色申告の時に仕訳はするけど、複式簿記を知らなくてもクラウド会計ソフトはやってくれるというのが結論です。

仕分けと仕訳の違いが確定申告に関係あるのか?というと、青色申告なら仕訳が、白色申告なら仕分けが必要になります。

仕分けと仕訳の違いは結局一般用語としての違いです。仕訳とは複式簿記に使われる簿記用語、仕分けは簿記にも使われる一般用語です。