開業届 2021年の確定申告に間に合わせるためには? 本来青色申告承認申請書を2020年3月15日までに出すが、新型コロナウイルスの影響で4月17以降も受付

開業届 2021年の確定申告に間に合わせるためには? 本来青色申告承認申請書を2020年3月15日までに出すが、新型コロナウイルスの影響で4月17以降も受付 確定申告
この記事は約3分で読めます。

開業届。副業がどうのと言われだしたものの、どうもそれも尻すぼみで聞こえなくなりつつあります。

普通にサラリーマンをしていたらまず開業や開業届など無縁でしょう。

脱サラ(死語?)、会社を辞めて個人事業主としてチャレンジ、フリー、副業。

確定申告が必要になります。

どうせならあまり税金を払わなくていい青色申告がしたい。

青色申告するためには開業届は必須です。

開業届 2021年の確定申告に間に合わせるためには?
本来青色申告承認申請書を2020年3月15日までに出すが、新型コロナウイルスの影響で4月17以降も受付

開業届 2021年の確定申告に間に合わせるためには?
本来青色申告承認申請書を2020年3月15日までに出すが、新型コロナウイルスの影響で4月17以降も受付

開業届 2021年の確定申告に間に合わせるためには? 本来青色申告承認申請書を2020年3月15日までに出すが、新型コロナウイルスの影響で4月17以降も受付

開業届 2021年の確定申告に間に合わせるためには?本来青色申告承認申請書を2020年3月15日までに出すが、新型コロナウイルスの影響で4月17以降も受付

開業届 2021年の確定申告に間に合わせるためには? 本来青色申告承認申請書を2020年3月15日までに出すが、新型コロナウイルスの影響で4月17以降も受付

<青色申告をするためには・・・>
令和2年分の所得税から青色申告をする場合には、令和元年分の所得税の確定申告期限まで(※)に
「所得税の青色申告承認申請書」に必要な事項を記載して、所轄税務署長に提出する必要があります。
(※ 新型コロナウイルス感染症の影響で外出を控えていらっしゃる方へ)
令和元年分の所得税の確定申告については、新型コロナウイルス感染症の拡大により外出を控えるなど、期限内(令和2
年4月 16 日(木))に申告が困難な場合には、期限を区切らず、柔軟に申告書等の提出を受け付けることとしています。
令和元年分の確定申告がまだお済みでない方は、所得税の確定申告書を提出される際に、「所得税の青色申告承認申請書」
を併せて提出して下さい。
また、令和2年4月 16 日(木)以前に令和元年分の確定申告書を提出した方については、感染拡大により外出を控える
など、同日までの間に「所得税の青色申告承認申請書」を提出することが困難であった場合には、4月 17 日(金)以降で
あっても同申請書を提出することが可能ですので、所轄の税務署へご相談下さい。

(出典:国税庁HP)

まとめ

開業届 2021年の確定申告に間に合わせるためにはどうすればいいか?ですが、本来青色申告承認申請書を2020年3月15日までに出すが、新型コロナウイルスの影響で4月17以降も受付となっています。

無料の開業freee使ってどうだった?については、驚くほどあっけなかったです。

開業届&青色申告承認申請書を税務署に出しに行ってどうだった?件については、「う、うえ~、終わりですか?」と思わず言ってしまいました。