住宅ローン控除はいつから適用される? 住宅を取得後6ヶ月以内に入居したその年

住宅ローン控除はいつから適用される? 住宅を取得後6ヶ月以内に入居したその年住宅ローン控除
この記事は約7分で読めます。

かつては庶民の夢、マイホームなどと言いましたが、現在はどうなのでしょう?

細かい住宅事情には疎いですが、貧富の差が激しくなっている現代。やはり家も持てる人も限られているのでは?

そしてその家を持てる人はより高級な住宅となるのでしょうか?

住宅ローン控除にも上限がありますから、お金持ちが住宅ローン控除の恩恵を受けるということは制限されています。

ギリギリ持てる人と、お金持ち。お金のない人には無縁?

そもそも衣食住を借金でということに疑問が・・・

と、こんなことを書いているとこの記事はなんのため?となってしまいます。

住宅ローン控除はいつから適用される? 住宅を取得後6ヶ月以内に入居したその年

住宅ローン控除はいつから適用される?
住宅を取得後6ヶ月以内に入居したその年

住宅ローン控除はいつから適用される?
還付されるのは2年目から

住宅ローン控除はいつから適用される?
住宅ローン控除は1年目からはじまっている

住宅ローン控除はいつから適用される?住宅ローン控除の対象は?
住宅ローンを利用して、マイホーム取得するなど

住宅ローン控除はいつから適用される?住宅ローン控除に必要な書類は?
借入金の年末残高証明書など

住宅ローン控除はいつから適用される?そもそも住宅ローン控除ってなに?
10年間ローン残高の約1%の税金が還ってきる(条件による)

住宅ローン控除はいつから適用される?申告はいつ?
対象となる年の次の年の1月1日以降

住宅ローン控除はいつから適用される? 住宅を取得後6ヶ月以内に入居したその年

住宅ローン控除はいつから適用される?住宅を取得後6ヶ月以内に入居したその年

住宅ローン控除はいつから適用されるか?というと、住宅を取得後6ヶ月以内に入居したその年です。

つまり住宅ローンを組んで住み始めた年から、条件を満たせばすでに適用されています。

確定申告還付申告)をしたり、還付金を受け取ったり、年末調整で戻ってきたりするのは、住宅ローンを組んで住み始めた年が翌年以降です。

つまり以下、

還付されるのは2年目

住宅ローン控除は1年目からはじまっている

となるのです。

住宅ローン控除はいつから適用される? 還付されるのは2年目

住宅ローン控除はいつから適用される?還付されるのは2年目

住宅ローン控除はいつから適用される?という疑問に対して、一番わかりやすい表現は還付されるのは2年目だと表現した方がいいと思いました。

住宅ローンを組んで、住宅を取得後6ヶ月以内に入居します。

1年目は確定申告還付申告)をします。

確定申告還付申告)をするのは住宅ローンを組んで、住宅を取得後6ヶ月以内に入居した翌年です。

その確定申告還付申告)の還付金を受け取るのは、確定申告還付申告)をした1~1ヶ月半後です(e-Taxなら3週間)。

つまり、住宅ローン控除はいつから適用されるか?というと、それを還付金をいつから受け取れるかという意味であれば、還付されるのは2年目からとなります。

住宅ローン控除はいつから適用される? 住宅ローン控除は1年目からはじまっている

住宅ローン控除はいつから適用される?住宅ローン控除は1年目からはじまっている

住宅ローン控除はいつから適用されるか?ということを、住宅ローン控除はいつから始まっているかと言う観点から見ると、住宅ローン控除は、住宅ローンを組んで、住宅を取得後6ヶ月以内に入居しときから始まっています。

ただ先述のとおり、住宅ローンこじょ1年目の確定申告還付申告)は、翌年に行いますので、所得税住民税が還付されるのは翌年となります。

住宅ローン控除はいつから適用される?住宅ローン控除の対象は? 住宅ローンを利用して、マイホーム取得するなど

住宅ローン控除はいつから適用される?住宅ローン控除の対象は?住宅ローンを利用して、マイホーム取得するなど

2020年に限りませんが、住宅ローン控除の対象はどうなっているのでしょうか?

これについては国税庁のHPに書かれているの引用しておきます。

住宅借入金等特別控除とは、個人が住宅ローン等を利用して、マイホームの新築、取得又は増改築等(以下「取得等」といいます。)をし、平成33年12月31日までに自己の居住の用に供した場合で一定の要件を満たすときにおいて、その取得等に係る住宅ローン等の年末残高の合計額等を基として計算した金額を、居住の用に供した年分以後の各年分の所得税額から控除するものです。

(出典:国税庁HP)

住宅ローン控除はいつから適用される?住宅ローン控除に必要な書類は? 借入金の年末残高証明書など

住宅ローン控除はいつから適用される?住宅ローン控除に必要な書類は?借入金の年末残高証明書など

さて、住宅ローン控除の申告に必要な書類はどんなものがあるのでしょうか?

借入金の年末残高証明書

土地や建物の登記事項証明書

工事請負契約書の写し

売買契約書の写し

マイナンバーカード

源泉徴収票

住宅借入金等特別控除額の計算明細書

それぞれの書類の入手先は、借入金の年末残高証明書は各金融機関、土地や建物の登記事項証明書は法務局、工事請負契約書の写しは施工業者、売買契約書の写しは不動産業者、マイナンバーカードは市区町村役場、源泉徴収票は勤務先、住宅借入金等特別控除額の計算明細書は税務署です。

住宅ローン控除控除申告書についてはこちらの記事をご覧ください

住宅ローン控除申告書(住宅借入金等特別控除申告書)とは?
住宅ローン控除申告書(住宅借入金等特別控除申告書)とは? 住宅ローンを組んだ人はほぼ確実に興味があるはずである住宅ローン控除ですが、1年目は確定申告をしたり、2年目からは年末調整ですんだりといろいろ複雑なようです。 2年目から年末調整で...

住宅ローン控除はいつから適用される?そもそも住宅ローン控除ってなに? 10年間ローン残高の約1%の税金が還ってきる(条件による)

住宅ローン控除はいつから適用される?そもそも住宅ローン控除ってなに?10年間ローン残高の約1%の税金が還ってきる(条件による)

正式には「住宅借入金等特別控除」といいます。

10年間、ローン残高の約1%に当たる税金が還ってきます(条件によります)。

ただし、所得が3,000万円以下であること、返済期間が10年以上の住宅ローンであること、など要件がいろいろとあります。

また、同じ金額のローンを借りても、実際に戻ってくる金額は人によって違います。

要は、個人個人の担税力に合わせて平等に税金を徴収するために、所得税住民税などを還付してくれるというものです。

担税力についてはこちらの記事をご覧ください

所得税計算が年末調整の仕事 その計算方法とは?
所得税計算が年末調整の仕事 その計算方法とは?給与業務の一大行事は年末調整です。10月も下旬にもなると、国税庁から年末調整の書類が届きます。そんな中で、今日は年末調整についてまとめてみようと思います。といっても一度に全部は難しいので、今日は

住宅ローン控除はいつから適用される?申告はいつ? 対象となる年の次の年の1月1日以降

住宅ローン控除はいつから適用される?申告はいつ?対象となる年の次の年の1月1日以降

住宅ローン控除の確定申告還付申告)は、申告の期限というものはなく、対象となる年の次の年の1月1日以降となっています。

ちなみに還付申告は、通常の確定申告とは違い2月16日から3月15日(2020年は特例にて別途)までというわけではありません

また過去5年間に遡っていつでも申告することができます

2年目以降の住宅ローン控除は年末調整で

確定申告(還付申告)が必要なのは1年目だけです。2年目以降は勤務先で年末調整してもらえます。

提出書類は以下となります。

扶養控除申告書

※勤務先が配布

保険料控除申告書

※勤務先が配布

住宅借入金等特別控除申告書

住宅ローン控除申告書についてはこちらの記事をご覧ください

住宅ローン控除申告書(住宅借入金等特別控除申告書)とは?
住宅ローン控除申告書(住宅借入金等特別控除申告書)とは? 住宅ローンを組んだ人はほぼ確実に興味があるはずである住宅ローン控除ですが、1年目は確定申告をしたり、2年目からは年末調整ですんだりといろいろ複雑なようです。 2年目から年末調整で...

住宅ローンの残高証明書

まとめ

住宅ローン控除はいつから適用される?ということでしたが、住宅を取得後6ヶ月以内に入居したその年から適用されます。

ただ、還付されるのは2年目からです。しかし還付金が後なだけで、住宅ローン控除は1年目からはじまっているのです。

では住宅ローン控除の対象はどうなっているのでしょうか?住宅ローンを利用して、マイホーム取得するなどの要件があります。

実際に住宅ローン控除を受けるために、住宅ローン控除に必要な書類は?というと、借入金の年末残高証明書など複数あります。

そもそも住宅ローン控除ってなんでしょう?簡単に言うと、他にもありますが、10年間ローン残高の約1%の税金が還ってきる(条件による)システムです

住宅ローン控除はいつ申告するのか?対象となる年の次の年の1月1日以降です。