去年の確定申告を忘れた は2種類!どちらも早く対処しましょう

去年の確定申告を忘れた は2種類!どちらも早く対処しましょう確定申告
この記事は約4分で読めます。

去年の確定申告 忘れた

去年の確定申告を忘れた。

別にそんなに恥ずかしがることではないと思います。かく言う私もサラリーマン時代は「確定申告ってなんだろう?」と思っていました。

国民の三大義務だとか、納税の義務だとか、さらっと学校で教えて、いざ所得が生まれると「確定申告しなきゃいけないんだよ」とか、「確定申告しないのは違法だよ」と言われても知りませんよね。

と、言ってられないのです。

去年の確定申告を忘れた は2種類!どちらも早く対処しましょう

去年分の確定申告忘れた場合は
なるべく早く対処すべきでしょう

去年するべき確定申告を忘れた場合は
なるべく早く対処すべきでしょう

去年分の確定申告忘れた場合は なるべく早く対処すべきでしょう

去年の確定申告を忘れた場合はなるべく早く対処すべき

去年の確定申告を忘れたと言っても2種類あると思います。

ひとつは去年確定申告忘れた場合です。

つまり例えば2019年のあるときに、2018年の所得などについての確定申告、つまり2019年2月16日から3月15日(2020年は特例にて別途)の期間に確定申告すべきところを忘れてしまった場合です。

1ヶ月以内であれば救われる部分は大きい

1月以内に自主的に期限後申告を行えば無申告加算税は課されない

去年の確定申告を忘れた場合に、考ええるペナルティとしては、青色申告特別控除額の減額、無申告加算税、延滞税、重加算税です。

このうち青色申告特別控除額の減額は避けられませんが、期限後1ヶ月以内であれば、無申告加算税は課されません。

また延滞税は延滞するほど課されていきますので、1ヶ月以内であればまだ傷口は小さいということになります。

重加算税は無申告が悪質な場合等に課されますので、1ヶ月以内であれば課されることはないでしょう。

(注) 期限後申告であっても、次の要件を全て満たす場合には無申告加算税は課されません。

1 その期限後申告が、法定申告期限から1月以内に自主的に行われていること。
2 期限内申告をする意思があったと認められる一定の場合に該当すること。
なお、一定の場合とは、次の(1)及び(2)のいずれにも該当する場合をいいます。
(1) その期限後申告に係る納付すべき税額の全額を法定納期限(口座振替納付の手続をした場合は期限後申告書を提出した日)までに納付していること。
(2) その期限後申告書を提出した日の前日から起算して5年前までの間に、無申告加算税又は重加算税を課されたことがなく、かつ、期限内申告をする意思があったと認められる場合の無申告加算税の不適用を受けていないこと。

(出典:国税庁HP)

1ヶ月を過ぎてもなるべく早く

無申告加算税、延滞税、重加算税

税務署からの通知、税務署が訪問等

先述のとおり、1ヶ月を過ぎると無申告加算税が課されますし、延滞税は遅れれば遅れるほど膨れ上がります。さらに遅れれば悪質とみなされ重加算税の可能性も。

そして税務署からの通知が来たり、税務署が訪問したり(通知なく訪問したり)となると、その精神的プレッシャー、業務のストップ、そしてない腹を探られるではないですが、普通に確定申告するよりも細かくチェックされ、意図せぬミスや申告漏れを指摘されることになるかもしれません。

去年するべき確定申告を忘れた場合は なるべく早く対処すべきでしょう

去年するべき確定申告を忘れた場合はなるべく早く対処すべき

去年の確定申告を忘れた場合ともう一つ考えられるのは、去年するべき確定申告を忘れた場合です。

つまり今年が2019年であったとして、去年すべき、つまり2018年にするべき確定申告を忘れた場合です。

たとえば、今が2019年だとして、2018年の2月16日から3月15日(2020年は特例にて別途)に行うべき、2017年の所得等についての確定申告をしなかったという想定です。

すぐに税務署に電話すべき

「去年の確定申告を忘れた」が「去年するべき確定申告を忘れた場合」はすぐに対処

「去年の確定申告を忘れた」が「去年するべき確定申告を忘れた場合」はすぐに対処するべきです。

税務署から通知も来ないし、税務職員が訪問してきていなければ、もしかしたらそのままで終わるかもしれません。

ただ、もし貴方の事業が成功して、多くに利益を上げたとしましょう。そうなると税務署のチェックは厳しくなる可能性が高くなると思われます。

その時に申告漏れが発覚すると、無申告加算税、延滞税どころではなく、重加算税が課される可能性は高くなるでしょう。

芸能人関係や、青汁王子など、税金面でのペナルティだけでなく社会的信用も失墜してその商売にも影響がでるのは必至です。

確定申告の遅れについてはこちらの記事をご覧ください。

確定申告 期間を過ぎたらどうなる? 還付申告は5年間 確定申告は1月以内に自主的に
確定申告 期間を過ぎたら・・・還付申告は大丈夫。5年間あります。 確定申告 期間を過ぎたら・・・確定申告は自分で気づくのと税務署に指摘されるは大きく違う 確定申告 期間を過ぎたら・・・確定申告が期限に遅れたときのペナルティ

まとめ

去年の確定申告を忘れたは2種類ありました。

「去年分の確定申告忘れた」と「去年するべき確定申告を忘れた」です。

去年分の確定申告忘れた場合も去年するべき確定申告を忘れた場合もなるべく早く対処すべきでしょうとしか言えないということです。