医療費控除は何月から? 医療費控除の確定申告(還付申告)は1月から

医療費控除は何月から? 医療費控除の確定申告(還付申告)は1月から 確定申告
この記事は約3分で読めます。

医療費控除 何月から

人間、毎日行うことであればだいたい覚えているものです。

それが1ヶ月に1回、半年に1回、1年に1回と頻度が下がると、だんだん覚えていることができなくてなっていきます。

確定申告還付申告も1年に1回なので、基本的な問題である、申告期間などはやはり忘れがちではないでしょうか。

さらにややこしいのは、サラーリマンの人が口に出す確定申告は、実は還付申告のことの場合が多く、いわゆる個人事業主などの確定申告と、サラーリマンの還付申告では申告期間は違います。

医療費控除は何月から?
医療費控除の確定申告(還付申告)は1月から

医療費控除は何月から?
医療費控除の確定申告(還付申告)は1月から

医療費控除は何月から?
医療費控除の対象医療費は1月から

医療費控除は何月から? 医療費控除の確定申告(還付申告)は1月から

医療費控除は何月から?医療費控除の確定申告(還付申告)は1月から

医療費控除は何月から?という疑問が医療費控除の確定申告(還付申告)は1月からです。

確定申告と言うと2月16日から3月15日(2020年は特例にて別途)です。

個人事業主などが確定申告をするのが2月16日から3月15日(2020年は特例にて別途)ですが、一般的には個人事業主などは確定申告をする際に同時に医療費の還付申告もします。

これに対しサラーリマンなどが医療費控除確定申告、つまり医療費控除還付申告をするということになると、前年の医療費につき、当年の1月1日から5年間医療費控除の確定申告(還付申告)をすることができます

例えば2019年の医療費につき、2020年に医療費控除確定申告還付申告)をしようとしたら、2020年1月1日から2024年12月31日までということになります。

ただし税務署にも開庁日というものがあり、土曜日、日曜日、祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)は開庁日ではありません。

それを加味すると、2020年1月6日(月)から2024年12月28日(水)となります(※税務署の時間外収受箱へ投函、郵送、e-taxは土曜日、日曜日、祝日及び年末年始も可)。

つまり、医療費控除の確定申告(還付申告)は1月からということになります。

医療費控除は何月から? 医療費控除の対象医療費は1月から

医療費控除は何月から?医療費控除の対象医療費は1月から

医療費控除は何月から?という疑問が、医療費控除の対象医療費はいつからの分か?ということであればこちは1月ということになります。

医療費の確定申告還付申告)は前年分について当年の1月1日から5年間行うことができると上述しました。

まず、その前年分、つまり医療費の確定申告還付申告)の対象医療費はいつの分かと言う問題です。

医療費の確定申告還付申告)の対象医療費は1月1日から12月31日までの分です。

つまり医療費控除は何月から?という問題については、医療費の確定申告(還付申告)の対象医療費は1月から分ということになります。

まとめ

医療費控除は何月から?という問題を取り上げました。

医療費控除は何月から?という問題が、医療費控除確定申告還付申告)なのであれば、医療費控除確定申告還付申告)は1月からです。

医療費控除は何月から?と言う問題を医療費控除の対象医療費は何月からかと考えると、それは1月からということです。