確定申告!2020年はここが違う? e-Taxを使えば10万円の減税になる

確定申告!2020年はここが違う? e-Taxを使えば10万円の減税になる未分類
この記事は約5分で読めます。

確定申告 2020年

2020年の確定申告は平成30年税制改正による青色申告特別控除と基礎控除が大きなニュースになります。

結局、結論を言えば、青色申告特別控除額は減って、基礎控除が増えるので差し引きゼロなのですが、やはりマイナンバーカード普及のためにe-Taxを使わせたいのでしょう、e-Taxを使えばさらに青色申告特別控除額が10万円プラスとなります。

10万円減税という言葉は正確な言い方ではなく、控除額が10万円増えるわけですが、対応しないと損なわけです。

確定申告!2020年はここが違う? e-Taxを使えば10万円の減税になる

確定申告!2020年はここが違う?
e-Taxを使えば10万円の減税になる

確定申告!2020年は結局10万円の減税?
個人事業主の青色申告特別控除額と基礎控除額で

確定申告!2020年は10万円の減税を受けるには?
e-Taxによる申告または電子帳簿保存

確定申告!2020年はここが違う?
スマホ×確定申告~ネクストステージ~進化するスマート申告!
※出典:国税庁HP

確定申告!2020年はここが違う? e-Taxを使えば10万円の減税になる

確定申告!2020年はここが違うe-Taxを使えば10万円の減税になる

2020年の確定申告で一番のニュースはe-Taxを使えば10万円の減税です。

確定申告!2020年はここが違う? 結局10万円の減税。個人事業主の青色申告特別控除額と基礎控除額

確定申告!2020年はここが違う?結局10万円の減税。個人事業主の青色申告特別控除額と基礎控除額

確定申告について、2020年は個人事業主は結局10万円の減税になります。

それは青色申告特別控除額基礎控除額の合わせ技によります。

確定申告 2020年

※出典:国税庁HP

改正1

青色申告特別控除額:65万円→55万円(10万円減額

基礎控除額:38万円→48万円(10万円増額

10万円減額-10万円増額=0(差し引きゼロ

改正2

青色申告特別控除額:55万円→65万円(10万円増額

基礎控除額:48万円→48万円(変更なし)

10万円増額-変更なし=0(10万円増額

確定申告!2020年は10万円の減税を受けるには? e-Taxによる申告または電子帳簿保存

確定申告!2020年は10万円の減税を受けるには?e-Taxによる申告または電子帳簿保存

確定申告について、2020年に10万円の減税を受けるためには、e-Taxによる申告または電子帳簿保存が必要です。

確定申告 2020年

単純に言えば、

e-Taxを使えば10万円の減税になる

ということです。

確定申告!2020年はここが違う? スマホ×確定申告~ネクストステージ~進化するスマート申告! ※出典:国税庁HP

確定申告!2020年はここが違う?スマホ×確定申告~ネクストステージ~進化するスマート申告!
※出典:国税庁HP

①スマートフォン専用画面を利用できる人の範囲が広がる

②マイナンバーカード対応のスマートフォン

大きくこのふたつだと思います。

①スマートフォン専用画面を利用できる人の範囲が広がる

そもそも私もスマホ専用画面を試そうとしたところ、以下の点でe-Taxのテストを断念しました。

2020年の確定申告でe-Taxを使えるのは2020年の1月1日から

明細を入力するのではなく合計金額を入力する

収支の管理ができない

つまり単に確定申告の際に税務署に行かずに家から申告できるだけということがわかりました。

e-Taxを使ってみた件についてはこちらの記事をご覧ください。

e-Tax使ってみた
e-Taxにあまりいいイメージはありません。 ID パスワード方式をやたら宣伝する裏にマイナンバーカード普及の思惑が見え隠れするからです。一般企業の宣伝でしたらまあそんなものかと流せるものの、公的な、しかも査察という十分な圧力手段をもつ国税庁がそんな姑息な手段を使うことが正しいのかどうか・・・。 批判ばかりしていても仕方がありません。 実際にe-Taxが有用なものであるならば、それを使わない手はありません。

ということで、今後レビューするかどうかはわかりません。

このあたりを解決してくれるのは会計ソフトになると思います。会計ソフトでもe-Taxと同じように青色申告特別控除を受けることができます。

確定申告 2020年

※出典:国税庁HP

スマホ×確定申告 ~ネクストステージ~ 進化するスマート申告!
「確定申告書等作成コーナー」では、スマートフォンでも所得税の確定申告書が作成できます。

・スマホで見やすい専用画面

 令和2年1月から、給与が複数ある方や公的年金などの雑所得がある方など、スマートフォン専用画面をご利用いただける方の範囲が広がります。

・e-Taxで手続完結

 「マイナンバーカード」と「マイナンバーカード対応のスマートフォン」をお持ちの方は、e-Taxで送信できます。
 また、マイナンバーカード対応のスマートフォン等をお持ちでない方も、「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されたID・パスワードがあれば、e-Taxで送信できます。

注1:マイナンバーカード対応のスマートフォンの機種については、地方公共団体情報システム機構の「公的個人認証サービスポータルサイト」(https://www.jpki.go.jp)をご確認ください。

注2:e-Taxをご利用できない方は、ご自宅のプリンタやコンビニ等のプリントサービス(有料)を利用して作成した確定申告書を印刷し、税務署に郵送等で提出できます。

注3:タブレット端末からもご利用いただけます。

 確定申告書等作成コーナーは、国税庁ホームページからご利用ください。

※出典:国税庁HP

②マイナンバーカード対応のスマートフォン

マイナンバーカード対応のスマートフォンについてはこれまでも存在し、国税庁のHPでもあまり大きくは取り上げていませんでした。

2020年についてはそれを前面に押し出してきたということでしょう。

個人的には複数機能を持つ製品というのはイマイチ印象がよくありません。

例えば、プリンタの複合機などはスキャナ機能かプリンタ機能、どちらかが壊れても終わりです。

スキャナ単体、プリンタ単体でもPCを介しコピーとして機能します。

少し古い話ですが、モバイルSuicaでも痛い思いもしたことがあります。

機種変更等で面倒な思いをする可能性もあるのでは?と思っています。

そう考えると今のところはカードリーダーにしておくのが無難かと思います。

まとめ

確定申告!2020年はここが違う?ということで、e-Taxを使えば10万円の減税になることが今回の確定申告の大きなニュースです。

その2020年の確定申告の10万円減税とは、個人事業主の青色申告特別控除額と基礎控除額の合わせ技だという説明をしました。

で、2020年の確定申告の10万円減税を受けるには、e-Taxによる申告または電子帳簿保存が必要で、まあ一般的にはe-Taxを使うことになると思います。

また、もう一つのニュースとして、「スマホ×確定申告~ネクストステージ~進化するスマート申告!※出典:国税庁HP」とうのがあったので一応載せておきました。

コメント