確定申告をスマホでいつからできる? ただし落とし穴が!

確定申告をスマホでいつからできる? ただし落とし穴が!確定申告
この記事は約4分で読めます。

確定申告をスマホでいつからできる? ただし落とし穴が!

確定申告をスマホでe-taxでやる一番の注意点は、e-taxのスマホ専用画面がサラリーマン用だけってこと

本当にスマホで電子申告できるのはソフトだけ?

確定申告をスマホでe-taxでやる一番の注意点はe-taxのスマホ専用画面がサラリーマン用だけってこと

※この内容は国税庁に電話にて確認済みです

国税庁のHPにスマホ専用画面はサラリーマン向けだけと書いてある

確定申告 スマホ いつから

 

スマートフォン専用画面は、年末調整済みの給与所得者(1ヶ所からの支払いのみ)で、医療費控除やふるさと納税などの寄附金控除を適用して還付申告を行う方がご利用いただけます。なお、スマートフォン専用画面をご利用いただけない方につきましては、パソコンと同様の画面がスマートフォンに表示されます。

(出典:国税庁HP)

つまり、この(↓)画面はサラリーマンの医療費控除ふるさと納税用だということです。

確定申告 2019

ちなみに「パソコンと同様の画面」とは、これ(↓)です。つまりサラリーマンの医療費控除ふるさと納税以外の個人事業主などの確定申告はこのパソコン画面をスマホで見ながらやるということになります。

確定申告 スマホ いつから

これで個人事業主等がスマホを使って確定申告をするかというとそこは疑問です。

「2019年(平成31年)から確定申告からスマホで申告できる」とか「カードリーダーなしでスマホで申告」とは言えない

この件について、「2019年(平成31年)から確定申告からスマホで申告できる」とか「カードリーダーなしでスマホで申告」とかウワサになっています。

たしかに

スマートフォンからの申告が便利になった

スマートフォンで作成した申告書は、「ID・パスワード方式」を利用してe-tax送信が可能

スマートフォン・タブレットに最適化したデザインの画面を利用して、所得税の確定申告書が作成できる

と言うのは本当です。

カンタンに言うと、

スマートフォン・タブレットに最適化したデザインの画面ができた

ID・パスワード方式でカンタン

というだけことなのです。

ただし前述のように、実質2019年(平成31年)から便利になったのはサラリーマンの医療費控除ふるさと納税についてだけですが。

e-taxのスマホ版(SP版)やe-taxソフト(SP版)というのは以前から存在していた

e-taxのスマホ版(SP版)やe-taxソフト(SP版)というのは以前から存在していました。

これが、スマートフォン・タブレットに最適化したデザインの画面ができたということです。

そして「ID・パスワード方式」ですが、これはパソコン(PC)でも今年(2019年(平成31年))から導入されているので特別なことではありません。

ID・パスワード方式についてはこちらの記事をご覧ください。

idパスワード方式はいつまで使えるの? スマートフォン×マイナンバーカードでe-Taxが普及するまで
idパスワード方式はいつまで使えるの? スマートフォン×マイナンバーカードでe-Taxが普及するまで idパスワード方式はいつまで使えるの?経緯は? 最終的にはマイナンバーカード普及 idパスワード方式はいつまで使えるの?もうid・パスワード方式は使えないの? スマホは一部の端末のみ idパスワード方式はいつま...

本当にスマホで電子申告できるのはソフトだけ?

では「スマホで確定申告ができないのか?」ということですが、私が知っている限りではこういうものがあります。

 

こんなものです。

くわしくはこちら

https://go.freee.co.jp/mobileguide_top.html

や、こちら

https://www.freee.co.jp/kakuteishinkoku

が参考になると思います。

まとめ

確定申告をスマホでいつからできる? ただし落とし穴が!」ということでまとめてみました。

つまり確定申告をスマホでできたのは今年(2019年(平成31年))からではなく、もっと以前からだったのです。

今年(2019年(平成31年))からそのあたりについて変わったのは「スマホの画面が見やすくなった」ということと、スマホに限らず「ID・パスワード方式」が導入されたというだけのことです。

国税庁のホームページの「平成30年確定申告特集」を見ると、さも「今年(2019年(平成31年))から確定申告からスマホで申告できる」とか「カードリーダーなしでスマホで申告」というように見えます。

このような大風呂敷を広げて、小さく限定事項を表示するやり方は一般企業のやり方であり(有名大企業でもやっていますが)、いくらマイナンバーカードを普及させたいからといって国税庁がこんなことをしたら、結局国税庁(税務署?)の電話窓口がパニックになるだけだと思うのですが・・・(私も電話しました)