確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる? 青色申告特別控除額が55万円になってしまう!青色申告特別控除額が65万円になる!

確定申告、2020年はe-Taxを使わないと 青色申告特別控除額が55万円になってしまう!でも65万円になる! 確定申告
この記事は約6分で読めます。

確定申告、2020年はe-Taxを使わないとどうなる?

青色申告特別控除額が55万円になってしまう!でも65万円になる!

確定申告 2020 e-tax

サラリーマン時代に青色申告と聞いて、なんとなくがらみだから税制優遇関係なのかなと思っていました。

青色申告と聞くと、なんとなく洗練されたイメージはなく、バタ臭い感じがします。

「青空のように一点の曇りない申告をしよう」

だとか、

「青色には晴れ晴れとした青空のようなイメージがある」

とか、青色申告の名前の由来にはいろいろあるようです。

そんな青色申告のもっとも大きな控除である、青色申告特別控除額に動きがあります。

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?
青色申告特別控除額が55万円になってしまう!青色申告特別控除額が65万円になる!

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?
青色申告特別控除額が55万円になってしまう!

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?確定申告、2020年はe-taxを使えば
青色申告特別控除額が65万円になる!

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?確定申告、2020年はe-taxは便利か?
ハッキリ言ってe-taxはちっとも便利ではない

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?2020年の確定申告でe-taxを使いつつ効率的にやるには?
会計ソフトでe-taxができる

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?確定申告 e-taxのデメリット そしてメリット
税務署に行かなくていいだけではないかと・・・

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる? 青色申告特別控除額が55万円になってしまう!

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?青色申告特別控除額が55万円になってしまう!

2020年に確定申告をするときに気をつけなければならないことは青色申告特別控除額が65万円から55万円になってしまうことです。

いかに節税するか?
それは確定申告の際に青色申告をすることです。

確定申告の際に、青色申告をすれば控除が受けられます。

従来その控除は2種類あり、10万円と65万円でした。

そのうち65万円の青色申告特別控除額が平成30年度の税制改正によって、55万円となることが決定したのです。

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?確定申告、2020年はe-taxを使えば 青色申告特別控除額が65万円になる!

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?確定申告、2020年はe-taxを使えば青色申告特別控除額が65万円になる!

2020年から確定申告青色申告をすると青色申告特別控除額は55万円になってしまうのですが、これがe-taxを使えば、また元にもどり65万円になります

さらに基礎控除も38万円から48万円になる

ので結局2020年は確定申告の際にe-taxを使えば、

今までより10万円控除がふえる

ことになるのです。

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?確定申告、2020年はe-taxは便利か? ハッキリ言ってe-taxはちっとも便利ではない

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?確定申告、2020年はe-taxは便利か?ハッキリ言ってe-taxはちっとも便利ではない

結局のところ2020年に青色申告特別控除額の恩恵を最大限に受けようと思ったらe-taxを使わざるを得ないわけです。

「で?e-taxって便利なの?」

と言われると、ハッキリ言ってちっとも便利ではありません。

税務署に行かずに家から申告できるだけ

です。

たとえば私などが期待してしまう、

収支の管理

売上、経費のタイムリーな入力

銀行やクレジットカードとの連携

などは一切できません。

しかも、

2020年になってからしか入力できない

売上、経費などの合計金額は自分で計算

しなければならないのです。

そのあたりの昨日はソフトに譲るということなのでしょう。

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?2020年の確定申告でe-taxを使いつつ効率的にやるには? 会計ソフトでe-taxができる

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?2020年の確定申告でe-taxを使いつつ効率的にやるには?会計ソフトでe-taxができる

人間欲深いもので、では2020年の確定申告e-taxでやろうと思った。

しかしe-taxがそんなつまらないシステムなら、もっといろいろできるものはないのか?

となるでしょう。

一部のソフトではe-tax同様、普通に電子申告もできてしまいます

ただ、今のところ平成30年度の税制改正、つまり青色申告特別控除額を最大限の65万円にするために運用についてはどうなるかは決まっていないようです(2019年9月18日現在)。

電子申告ができないソフトにしても、なんらかの形でe-taxにデータを受け渡し、平成30年度の税制改正、つまり青色申告特別控除額を最大限の65万円にするように対応はしてくると思います。

確定申告、2020年はe-taxを使わないとどうなる?確定申告 e-taxのデメリット そしてメリット 税務署に行かなくていいだけではないかと・・・

e-taxのデメリット

あえて言えばUI(ユーザーインターフェース)でしょうか?

「ID・パスワード方式」にも事前手続きがある

「ID・パスワード方式」は暫定3年

あえて言えばUI(ユーザーインターフェース)でしょうか?

2019年の確定申告からe-taxが改善されています。特に目立つところとしては、「ID・パスワード方式」(後述)とスマホ画面の改善です。

ただスマホ画面の改善についてはサラリーマンの医療費控除や住宅ローン控除などの確定申告(還付申告)に限られるという中途半端な内容です。

それ以外のスマホ画面はPC画面と同じなのですから、とても使いづらいわけです。

またスマホ画面が改善されたといっても最近の確定申告ソフトと比べようもありません。

(↓これがとあるソフトの画面)

e-taxデメリット

(↓これがe-taxの画面

e-tax デメリット

「ID・パスワード方式」にも事前手続きがある

国税庁のHPを見ると「ID・パスワード方式で便利!」とばかり書いていますが、事前手続きは必要です。

マイナンバーカードとe-taxカードリーダーなしでe-taxを利用するには、事前に税務署長へ届出をする必要があります。

「ID・パスワード方式」は暫定3年

そして、実はこの「ID・パスワード方式」は暫定的なもの。直前の情報では「3年を目途に見直し」となっていました。

それもそのはず、「ID・パスワード方式」が恒久的なものなら、マイナンバーカード制度を端から否定することになってしまうからです。

さきほど紹介したソフトも実はICカードリーダライタが必要なのですが、それも2,000円程度のものなのです。

 

ただ、以前と比較するともちろん見やすくなって、使いやすくなって、暫定的とはいえマイナンバーカードやICカードリーダライタが不要なのですから改善はされています。

e-taxのメリット

ネットで確定申告できる

確定申告期間中は24時間受付

添付書類の提出を省略できる

還付までのスピードが早い

まとめ

もともと基礎控除が10万円あがりますのでe-taxを使っていても損はないわけです。

ただ、2020年確定申告e-taxを使わないと青色申告特別控除額が55万円になってしまうけれど、青色申告特別控除額がee-taxを使えば65万円になるということで、基礎控除も併せて考えるとe-taxを使うとよりオトクということです。

さらに2020年の確定申告e-taxは便利か?というと、ハッキリ言ってちっとも便利ではないというはなし、2020年確定申告e-taxを使いつつ効率的にやるにはこういう方法もあるよという内容でした。

さらにそもそもe-taxってなんなの?ということで、確定申告 e-taxのデメリット そしてメリットも書いてみました。