2020年の青色申告は65万円プラス10万円を狙え(平成30年度税制改正)

2020年の青色申告は65万円プラス10万円を狙え(平成30年度税制改正) 確定申告
この記事は約8分で読めます。

2020年の青色申告は65万円プラス10万円を狙え(平成30年度税制改正)

遅ればせながら平成30年度税制改正の青色申告特別控除金額や基礎控除額の変更について書いてみたいと思います。

いかにして青色申告特別控除65万円をキープするか、またゲットするか。

2020年の青色申告は65万円プラス10万円を狙え(平成30年度税制改正)

個人事業主は65万円の青色申告特別控除プラス10万円の基礎控除を狙え

個人事業主が65万円の青色申告特別控除を受けるためにはe-tax による申告(電子申告)orは電子帳簿保存が必要

急がれよ、期限はある

今回の改正をわかりやすくしてみた(個人事業主)

個人事業主は65万円の青色申告特別控除プラス10万円の基礎控除を狙え

詳細は後述しますが、青色申告は2020年に変わります。

要は、

青色申告特別控除が65万円から55万円に減る

基礎控除額が38万円から48万円に増える

個人事業主の青色申告特別控除が55万円から65万円に増える

結果的に10万円控除額が増えて減税になるよ

と上がったり下がったり。結果的に次の方法で従来どおりの青色申告65万円控除に加えて基礎控除10万円となります。

個人事業主が65万円の青色申告特別控除を受けるためにはe-tax による申告(電子申告)orは電子帳簿保存が必要

青色申告65万円控除のためにはe-taxが現実的、会計ソフトは対応するの?

青色申告65万円控除のためにはe-tax or電子帳簿保存

青色申告65万円控除のためにはe-taxが現実的、会計ソフトは対応するの?

下記「青色申告65万円控除ふたつの方法」で説明しているとおり、どうやらe-taxが現実的なようです。

そうなるとe-taxと同様に電子申告ができてしまう会計ソフトはどうなのか?というのが気になるところですが、それについては近々に確認して書きたいと思います。

青色申告65万円控除ふたつの方法

e-tax による申告

電子帳簿保存

e-tax による申告

マイナンバーカード方式

ID・パスワード方式

青色申告65万円控除を得るためには、e-tax による申告が必要であり、e-tax による申告をするには、マイナンバーカード方式ID・パスワード方式があります。

マイナンバーカード方式

マイナンバーカード方式は従来の方法で、マイナンバーカードとe-taxカードリーダが必要になります。

ID・パスワード方式

ID・パスワード方式は2019年から暫定的に導入された方式で、厳格な本人確認(運転免許証やマイナンバーカードで、税務署職員が本人確認をしたり、自宅からマイナンバーカードの電子証明書によって行う)を行うことによって発行されるID、パスワードでe-tax をする方法です。

マイナンバーカード方式、ID・パスワード方式についてはこちらの記事をご覧ください。

idパスワード方式はいつまで使えるの? スマートフォン×マイナンバーカードでe-Taxが普及するまで
idパスワード方式はいつまで使えるの? スマートフォン×マイナンバーカードでe-Taxが普及するまで idパスワード方式はいつまで使えるの?経緯は? 最終的にはマイナンバーカード普及 idパスワード方式はいつまで使えるの?もうid・パスワード方式は使えないの? スマホは一部の端末のみ idパスワード方式はいつまで...
電子帳簿保存

電子帳簿保存は税務署への申請をして行うものですが、参考までに以下。

2020年の青色申告は65万円プラス10万円を狙え(平成30年度税制改正)

2020年の青色申告は65万円プラス10万円を狙え(平成30年度税制改正)

これを見てやる気にならないですよね。

そんな中、たまたま先日使い始めた会計ソフトのページを見つけました。

これによると、

電子帳簿保存の導入にあたっては、税理士や税務署へ相談いただきながら導入されることを推奨します。

利用できるプラン
個人事業主の方:プレミアムプラン

と、私もよくわかりませんが、無茶苦茶ハードルが高そうです。

急がれよ、期限はある

もちろん青色申告に必須の青色申告承認申請書&開業届はお早めに

電子帳簿保存は帳簿の備付けを開始する日の3か月前の日までに申請書を税務署に提出

マイナンバーカード取得なら1ヶ月くらい

ID・パスワード方式なら税務署に行かなければならない(確定申告書等作成コーナーでマイナンバーカードとICカードリーダライタで取得もできるが)

もちろん青色申告に必須の青色申告承認申請書&開業届はお早めに

新規に事業を開始した人が青色申告をしようと思ったら、事業開始の日から2か月以内に青色申告承認申請書を所轄の税務署に提出しなければなりません。

継続的に事業をしてきた場合や、前の年から継続して事業をしてきた場合など、事業はしてきたけれど白色申告をしてきたなどというような場合であれば、適用を受けたい年の3月15日(2020年は特例にて別途)までに申請しなければなりません。

青色申告承認申請書&開業届についてはこちらの記事をご覧ください。

青色申告はいつから適用される? 新規に事業を始めた場合、事業開始の年の翌年から
開業届はいつからいつまでに提出する? 業務開始後1ヶ月以内に提出 開業届はいつからいつまでに提出する?青色申告承認申請書はいつからいつまでに提出する? 事業開始日によって違う 開業届はいつからいつまでに提出する?青色申告はいつから適用される? 青色申告承認申請書を提出した年の翌年から 開業届はいつからいつまでに提...

電子帳簿保存は帳簿の備付けを開始する日の3か月前の日までに申請書を税務署に提出

私の認識では電子帳簿保存というもので対応する人はいないと思いますが、帳簿の備付けを開始する日の3か月前の日までに申請書を税務署に提出する必要があります。

平成 32(2020)年分に限っては、平成 32(2020)年 9 月 29 日までに承認申請書を提出し、同年中に承認を受けて、同年12 月 31 日までの間に、仕訳帳及び総勘定元帳の電磁的記録による備付け及び保存を行うことで、65 万円の青色申告特別控除を受けることができます。

(出典:国税庁HP)

12/31?9/29?3か月前だから「平成 32(2020)年分に限って」という意味がわかりません。

マイナンバーカード取得なら1ヶ月くらい

e-taxを使うとして、マイナンバーカード方式を選択するなら、マイナンバーカードを取得しなければなりません。取得には1ヶ月くらいかかるようです(私は持ってますが、どれくらいかかったかは忘れました・・・)。

ID・パスワード方式なら税務署に行かなければならない(確定申告書等作成コーナーでマイナンバーカードとICカードリーダライタで取得もできるが)

確定申告書等作成コーナーでマイナンバーカードとe-taxカードリーダで取得もできますが、ID・パスワード方式を選択するなら税務署に行かなければなりません。

また、確定申告書等作成コーナーでマイナンバーカードとe-taxカードリーダで取得する場合、当然マイナンバーカードとe-taxカードリーダを準備しなければなりません。

今回の改正をわかりやすくしてみた(個人事業主)

2020年の青色申告は65万円プラス10万円を狙え(平成30年度税制改正)

まず、

個人事業主の控除は以下により差し引きゼロ

青色申告特別控除が65万円から55万円に減る

基礎控除額が38万円から48万円に増える

2020年の青色申告は65万円プラス10万円を狙え(平成30年度税制改正)

つぎに、

個人事業主の青色申告特別控除が55万円から65万円に増える

結果的に10万円控除額が増えて減税になるよ

ということです。

ただし青色申告特別控除を65万円にするには前述のとおりということです。

所得2400万円超の人は注意

個人の合計所得金額控除額
2,400 万円以下48 万円
2,400 万円超 2,450 万円以下32 万円
2,450 万円超 2,500 万円以下16 万円
2,500 万円超0円

今回の改正により、基礎控除が控除額を一律 10 万円引き上げになりましたが、合計所得金額が 2,400 万円を超える個人事業主は、合計所得金額に応じて控除額が逓減、合計所得金額が 2,500 万円を超える個人事業主は、基礎控除はなしとなりました。

まとめ

なんというか「セコ」。

まるで〇ックス生命の新〇ュアサポートの「80歳まで申し込みいただける」的なセコさです。

2020年の青色申告は65万円プラス10万円を狙え(平成30年度税制改正)

「10万円UP!」って一般企業がやるCMなみのスゴさがあります(だってその前に10万円ダウンしていることは書いてないじゃないですか)。

ここまでしてやりたいことといえば、「e-tax」普及ですよね。そしてその裏に隠れているのは「マイナンバーカード」普及ですよね。

私は何度も書いてきていますが、「e-taxカンタン!」、「スマホで確定申告!」(NHKのアナウンサーにまで「今年から還付申告がスマホでできるようになりました」とか言わせて(たしかに総合的に見れば「今年から還付申告がスマホでできるようになった」と言えるかもしれませんが、別に元々e-taxはスマホでも使えたし、ID・パスワード方式は暫定的なわけです)。

ちなみに今回この記事作成のために、確認の意味で開いた下記のページで「暫定」と検索するとちゃんと引っかかります(ctrl+F)。

スマホ × 確定申告 スマート申告始まります!|国税庁

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/kojin_e-tax_riyou2.pdf

ID・パスワード方式から見える、数年後(一時「3年を目途に」と表記されていましたが)のID・パスワード方式の暫定措置終了→マイナンバーカードの流れもスゴいなと思いましたが、今回記事にした青色申告特別控除を一度落としておいて、e-taxによって持ち上げるというようなことまでしないとマイナンバーカードは普及しないのか?と思った次第です。