今年(2019年)からスマホで還付申告(確定申告)ができる?

今年(2019年)からスマホで還付申告(確定申告)ができる? 確定申告
この記事は約4分で読めます。

今年(2019年)からスマホで還付申告還付申告ができる?

「今年(2019年)からスマホで還付申告確定申告)ができる」。うーん確かにそうですが、ちょっと誇張しているような気もします。

今年(2019年)からスマホで還付申告(確定申告)ができる?

今年(2019年)からスマホで還付申告(確定申告)ができます

ただし、確定申告書の作成までは今までもできてました

ただし、ID・パスワードを税務署でもらわなければなりません

ただし、ID・パスワード方式は暫定的なものです

正確に書いてみます。

今年(2019年)からスマホで還付申告(確定申告)ができます

今年(2019年)からはID・パスワードがあれば、スマホでもe-tax確定申告書の提出もできるようになりました。

ID・パスワードについては、従来e-taxはマイナンバーカードとicカードリーダライタが必要でしたが、今年(2019年)からはID・パスワード方式というものができて(暫定的)、事前に税務署でID・パスワードを取得すればマイナンバーカードとicカードリーダライタなしでe-taxを使って確定申告書の作成や電子申告ができるようになったのです。

つまり、スマホでもe-tax確定申告書の提出もできるようになったプラスID・パスワード方式でスマホでも確定申告ができるようになったのです。

しかし、スマホ画面は、サラリーマンの医療費控除住宅ローン控除ふるさと納税などの寄付金控除などの還付申告に限られます。

新しいスマホ画面についてはこちらの記事をご覧ください。

e-taxをスマホで! マイナンバーカードはいらない?
e-taxをスマホで! マイナンバーカードはいらない? 世の中「それをそういう言い方しちゃったらこういう風に誤解されんるんじゃない?」ということはよくあります。 そんなことをうまく利用しようとする人もたくさんいます。官公庁だから、名前の...

つまり、「今年(2019年)からスマホで還付申告確定申告)ができる」は間違いではありません。

ただ「今年(2019年)からスマホで還付申告確定申告)ができる」とポンッと持ってこられると、「今までスマホでは何もできなかったが、(突然)今年から(急に便利になって)スマホでも還付申告ができるようになった」とインパクトが強く、ちょっと誇張が過ぎないかと違和感を感じます。

ただし、確定申告書の作成までは今までもできてました

今まではe-taxソフト(SP版)というものがあって、電子申告はできないまでも、確定申告書の作成まではできていました。e-taxソフト(SP版)で確定申告書を作成して税務署に持って行けば、「スマホで確定申告ができていた」と言えます。

ただし、ID・パスワードを税務署でもらわなければなりません

さらに、スマホで還付申告するには事前に税務署でID・パスワードを取得する必要があります(普通ありえませんが、マイナンバーカードとicカードリーダライタがあれば電子で取得することもできます)。

ただし、ID・パスワード方式は暫定的なものです

もっと大きな問題として、これは暫定措置であり(少し前の情報では「3年を目途に」とありました)、数年でマイナンバーカードとicカードリーダライタ(個人的にはスマホのアプリという可能性もあるかと思いますが)は必要になるのです。

まとめ

なにか、今までどうだったか知りませんが、あまりにもインパクトが強く、細かい重要なことは小さく。まるで企業の広告のような・・・。

ちなみに下記のページで「暫定」と検索するとちゃんと引っかかります(ctrl+F)。

スマホ × 確定申告 スマート申告始まります!|国税庁

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/kojin_e-tax_riyou2.pdf

なにか「今なら無料(1ヶ月、解約しない場合は自動的に1年契約となります)」みたいな、「100円!(1ヶ月、解約しない場合は自動的に1年契約となります)」みたいな最近名前の通った大企業でもよくやる手に似ていないこともないような気がします(私、よく引っかかってるんで)。